今日、京響?

2015/09/04カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日&あさってはカサドシュ指揮「第594回定期演奏会」!
今日の京響は、明日あさっての2回公演で開催する
「第594回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は、名ピアニストのロベール・カサドシュを叔父に持たれ、
音楽の名門一家のご出身である
フランスの巨匠ジャン=クロード・カサドシュさん!
プログラムには、ラヴェルの組曲「マ・メール・ロワ」、
2010年ジュネーヴ国際コンクール優勝で世界に羽ばたく
若きピアニスト萩原麻未さんをソロにお迎えしたラヴェルのピアノ協奏曲ト長調、
そしてドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」に、
ストラヴィンスキーの三大バレエの一つ、バレエ組曲「火の鳥」という
バラエティ豊かな名曲を集めました☆

こちらは今日のホール練習風景から。
20150904-kso_594th_rehearsal_001.jpg

叙情あふれるラヴェルの「マ・メール・ロワ」、
ドビュッシーが印象主義の語法を確立した「牧神の午後への前奏曲」、
そして「火の鳥」ではストラヴィンスキーらしくエキサイティングに盛り上がります!
20150904-kso_594th_rehearsal_002.jpg

カサドシュさんのダイナミックな指揮も魅力的です☆
20150904-kso_594th_rehearsal_003.jpg

20150904-kso_594th_rehearsal_004.jpg

こちらはラヴェルのピアノ協奏曲。
20150904-kso_594th_rehearsal_005.jpg

ジュネーヴ国際コンクールでも演奏されたというこの協奏曲を、
萩原さんが今回は京都のお客さまに披露してくださいます。
萩原さんの完璧なテクニックと深い音楽性に満ちたピアノ、これは必聴ですよ!!
20150904-kso_594th_rehearsal_006.jpg

フランスとロシアの名曲をお聴かせする「第594回定期演奏会」は
明日9/5(土)とあさって9/6(日)の2回公演で、
いずれも京都コンサートホールにて午後2時30分開演です。
両日とも、午後2時10分ごろからは
指揮者カサドシュさんのプレトーク(仏語通訳付)も開催します。

当日券は、両日ともS、A、B 席のみございます。
当日券と学生券は両日とも午後1時30分から、
後半券は(残席がある場合のみ)開演後から休憩が終わるまで発売の予定ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2015/08/30カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
角田鋼亮指揮「みんなのコンサート~オーケストラの自由研究」
昨日と今日の京響は、西文化会館ウエスティ及び東部文化会館にて
「みんなのコンサート2015」の本番でした。
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_001.jpg

指揮は、我らが広上淳一さんに師事されて、
ドレスデン州立劇場オーケストラや
ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団などを指揮されたほか、
現在はセントラル愛知交響楽団指揮者を務めていらっしゃる
角田鋼亮さんです。

2015年度の「みんなのコンサート」をしめくくる今回は、
「オーケストラの自由研究」をテーマに
J.シュトラウス2世の「クラップフェンの森で」やビゼーの「アルルの女」第2組曲などの
名曲とともにいろいろな場所にお出かけしたり、音楽のさまざまな仕掛けも
お楽しみいただきました。
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_002.jpg

こちらは、西文化会館のロビーでみつけた、
西京区のマスコットキャラクターたちのポスター♪
竹をモチーフにした「たけにょん」、かわいいですね~☆
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_003.jpg

キリリと引き締まった指揮だけでなく、
コンサートの進行もこなしてくださった角田さん!
トークもバツグンのすばらしさで、
曲の説明などをとてもわかりやすく丁寧にしてくださいました。
角田さんにブラボー☆
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_004.jpg

アンダーソンの「サンドペーパー・バレエ」では、
図工などで使う紙やすりが楽器として登場!
打楽器副首席奏者・宅間斉さんと打楽器奏者・石倉明日香さんがステージの前に出て、
紙やすりをシュシュシュシュッ、シュシュシュシュッと
こすって音を出します。面白いですね!!
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_005.jpg

同じくアンダーソンの「夏の名残のバラ」では、
コンサートマスター渡邊穣さんが「庭の千草」で知られる
有名なアイルランド民謡の哀愁漂うメロディを熱演!
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_006.jpg

会場アンケートには
「子どもと聴かせてもらいました。とても楽しかったです。また行ってみたいです」
「家に近い会館でコンサートがあれば気軽に音楽に親しめてうれしい」
「低料金で本格的なオーケストラを聴かせていただき大満足です」などなど、
たくさんの温かいメッセージをいただきました!
ご来場くださいましたたくさんの皆さま、本当にありがとうございました!!

こちらは終演後の角田鋼亮さんと第2ヴァイオリン副首席奏者・杉江洋子さんの
すてきな笑顔です☆
角田さん、楽しいコンサートをどうもありがとうございました☆
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_007.jpg

次回の京響自主公演は、
9/5,6開催「第594回定期演奏会」です。
フランスの巨匠ジャン=クロード・カサドシュさんの指揮で
ラヴェル、ドビュッシー、ストラヴィンスキーの名曲をお聴きいただくほか、
萩原麻未さんをソロにお迎えしてラヴェルのピアノ協奏曲もお届けします。
チケットは、京都コンサートホールほかで絶賛発売中ですので、
たくさんの皆さまのご来場を心からお待ち申し上げております♪

最後にちょっとおまけですが・・・、今日、会場へ移動する際、
ただ今建設中のロームシアター京都(旧京都会館)の前を通りました・・・!
(もうこんなにできあがっていたのですね!)
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_008.jpg

北山の京都コンサートホールができるまで京響が長年演奏を続けてきた京都会館が、
いよいよ来年2016年1月にロームシアター京都として新たに生まれ変わってオープンします~!
京響はオープニングの下野竜也さん指揮オペラ「フィデリオ」で出演しますので、
皆さまどうぞお楽しみに☆
20150830-kso_minna_2015_nishi_and_tobu_009.jpg
2015/08/18カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
平日お昼にトーク&オーケストラ!「京都 発見!クラシック」Vol.2
今日の京響は、平日のお昼に
トークとオーケストラ演奏の2部構成でお贈りする
魅力あふれるコンサート「京都 発見!クラシック」Vol.2の本番でした。

指揮は、オペラとシンフォニーの両分野で
国際的に活躍されている園田隆一郎さん。
第Ⅰ部は、ゲストにお迎えした脳科学者の茂木健一郎さんと園田さんのトーク、
第Ⅱ部は、京響首席クラリネット奏者の小谷口直子さんの独奏による
モーツァルトのクラリネット協奏曲と、ベートーヴェンの「田園」交響曲という
暑さを忘れさせてくれるようなさわやかな名曲を
たっぷりお楽しみいただきました☆

こちらは本番前のゲネプロ風景です。
20150818-kso_hakken_vol_2_001.jpg

小谷口さんのソロでモーツァルト!
20150818-kso_hakken_vol_2_002.jpg

こちらは、名曲中の名曲、
ベートーヴェンの「田園」交響曲です☆
20150818-kso_hakken_vol_2_003.jpg

やはり名曲はよいですね^o^)♪
20150818-kso_hakken_vol_2_004.jpg

そして本番。
第Ⅰ部は、茂木健一郎さんと園田隆一郎さんによるトークです。
クラシック音楽にとってもお詳しい茂木さんと、
日本とヨーロッパでご活躍の指揮者・園田さんとの、
モーツァルトとベートーヴェンをめぐるエネルギッシュなトーク!
人間の脳は、好きな音楽を聴くとき、
「報酬系」と呼ばれる喜びを感じるのだそうです。
しかも、CDなどではなく、「生」の演奏を聴かなくては
この喜びのドーパミンは出ないとのこと!
これはぜひとも、コンサートを聴かなくては、ですね☆
20150818-kso_hakken_vol_2_005.jpg

こちらは第Ⅱ部のコンサートです。
20150818-kso_hakken_vol_2_006.jpg

まずは、小谷口直子さんのすばらしい独奏で、
モーツァルトのクラリネット協奏曲を。
美しく清らかな音色と見事なテクニックで、
心の奥まで届く感動のモーツァルトです!
小谷口さんにブラボ~~☆☆☆
20150818-kso_hakken_vol_2_011.jpg

そして、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。
20150818-kso_hakken_vol_2_008.jpg

園田さんの端正で華麗な指揮のもと、
京響メンバーがベートーヴェンの美しいメロディを奏で、
まるで森の中に入ったときのような清涼感あふれる
みずみずしい「田園」をお届することができました☆
(まさに、音楽で森林浴ですね~♪
今日の2曲で脳内には喜びのドーパミンがたっぷり!
夏の疲れも癒されました☆)
20150818-kso_hakken_vol_2_012.jpg

最後に、園田さん、小谷口さん、茂木さんの笑顔をどうぞ♪
皆さん、すてきなコンサートをどうもありがとうございました☆☆☆
そして、酷暑の中、ご来場くださいました
たくさんの皆様に深く感謝申し上げます!
20150818-kso_hakken_vol_2_010.jpg

次回の「京都 発見!クラシック」Vol.3は
来年春、2016年3/24(木)午後2時開演です。
常任客演指揮者の下野竜也さんの指揮で、
ゲストにはオペラ、歌舞伎などジャンルを超えて
世界でご活躍されている演出家の宮本亜門さんをお迎えして
興味深いトークをお楽しみいただくほか、
宮本益光さん&髙橋維さんの独唱による
モーツァルトのオペラ・アリアと
モーツァルトの交響曲をお聴きいただきます。
チケットは本日から、
京都コンサートホールなどプレイガイドで発売しておりますので、
どうぞよいお席はお早目に☆

また、次回の京響自主公演は、
8/29西文化会館ウエスティと8/30東部文化会館での
「みんなのコンサート2015~オーケストラの自由研究」
(いずれも午後2時開演/4歳から入場OK!)です。
チケットは、両公演とも会場および京都コンサートホール、
チケットぴあで発売中ですので、
たくさんの皆さまのご来場を心からお待ち申し上げております♪
2015/08/13カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
完売御礼!水戸博之指揮「みんなのコンサート」
昨日と今日の京響は、京都の夏の風物詩
「みんなのコンサート」の本番でした。
20150813-kso_minna_2015_2_001.jpg

指揮は、我らが広上淳一さんに師事されていて、
京都市ジュニアオーケストラの合奏指導もしてくださっている
若き期待の指揮者、水戸博之さん!
20150813-kso_minna_2015_2_005.jpg

昨日は北文化会館、今日は呉竹文化センター、と
京都市内の文化会館で京響をもっと身近にお聴きいただく
「みんなのコンサート」!
今回は「オーケストラと行く夏の旅」と題して
0歳の赤ちゃんからご入場いただき、
J.シュトラウス2世のポルカ「観光列車」や、
レスピーギの組曲「鳥」から「カッコウ」、
グローフェの「ミシシッピー組曲」など、
旅行や動物にちなんだ楽しい曲の数々をお楽しみいただきました☆

チケットは両日とも完売御礼~♪
猛暑の中、ご来場くださいましたたくさんの皆さま、
どうもありがとうございました!
20150813-kso_minna_2015_2_004.jpg

0歳からのコンサート恒例の
ベビーカー置き場です~♪
20150813-kso_minna_2015_2_003.jpg

小さい子どもたちにもわかりやすいように、
やさしくお話ししてくださった水戸さんのトークも大人気☆
20150813-kso_minna_2015_2_006.jpg

となりのトトロの「さんぽ」では、
水戸さんの指揮のもと、会場の子どもたちが大熱唱~~♪
生のフル・オーケストラの伴奏で歌えるなんて、
ラッキーな子どもたちですね!!
20150813-kso_minna_2015_2_007.jpg

水戸さんも、客席を向いて指揮をしながら、
いっしょに歌ってくださいました♪
20150813-kso_minna_2015_2_008.jpg

そして、「ミシシッピー組曲」では、
水戸さんの力強い指揮で、ダイナミックなオーケストラの響きを
赤ちゃんたちもお母さんといっしょに体をゆらしながら、
たっぷり楽しんでくださいました☆
20150813-kso_minna_2015_2_009.jpg

終演後のアンケートでも、
「赤ちゃんといっしょに行けるコンサートはありがたい」
「生演奏を聴く機会がなかなかないので、感動!癒されました」
「子どもも楽しんでいました。私も、子供が生まれてからコンサートに行く機会がなく、
今日はとっても楽しかったです。また来たいです」
「小学1年生の孫に、はじめてフル・オーケストラを鑑賞させることができて
とてもよかったです」などなど、感想をたくさんいただきました。

こちらは、終演後の水戸博之さんの輝く笑顔です!
若さいっぱいのすてきなコンサートをどうもありがとうございました☆
20150813-kso_minna_2015_2_011.jpg

今年もたくさんの赤ちゃんや子どもたちに
クラシック音楽のすばらしさをお届けすることができました☆
また来年もぜひ、京響のコンサートでお会いできることを
心から楽しみにしています~♪
20150813-kso_minna_2015_2_010.jpg

次回の京響自主公演は、
8/18(火)午後2時から京都コンサートホールで開催する
「京都 発見!クラシックVol.2」です。
第Ⅰ部のトークには、脳科学者の茂木健一郎さんが登場!
第Ⅱ部は、園田隆一郎さんの指揮で、
京響首席クラリネット奏者の小谷口直子さんの独奏による
モーツァルトのクラリネット協奏曲と、
ベートーヴェンの「田園」交響曲をお聴きいただきます。
チケットは、京都コンサートホールほかで絶賛発売中ですので、
どうぞお早目に!
2015/08/09カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
現田茂夫指揮でドイツ・レクイエムを熱演!「第593回定期演奏会」
今日の京響は、「第593回定期演奏会」の本番でした。

現田茂夫さんの指揮のもと、ソプラノ菅英三子さん&バリトン吉江忠男さんの独唱と
京響コーラスで、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」をお贈りしました。
京都は今日も37度という酷暑でしたが、たくさんの方々にご来場をいただき、
心から感謝申し上げます!

こちらは開演前の現田茂夫さんによる「プレトーク」です。
まず、長崎に原爆が投下されて70年という今日に
レクイエムを演奏することの意味を含めた
現田さんによる「ドイツ・レクイエム」についての詳しい説明のあと、
現田さんが大きな信頼を置かれていて
今回コーラスの言語指導をしてくださっている三ヶ尻正さんにもご登場いただき、
ドイツ語の発音について、とりわけ、会話で話される現代ドイツ語とは違う
舞台上でのドイツ語の発音について、貴重なお話をうかがうことができました☆
(三ヶ尻さんは、日本人にとって最も発音が難しいといわれるドイツ語の
「ü」を胸元に付けておられますよ♪)
20150809-kso_593_concert_001.jpg

また、ドイツ語の子音の発音はとても大切なので、
なんと三ヶ尻さんは、このような「子音」というTシャツを着て
言語指導をされているそうです!
(背中には「聴き取れなければ伝わらない」と書かれていて、
これを見ながら歌うと、絶対に子音の発音に注意するようになりますよね!)
その他にもさまざまな工夫をしてユニークな言語指導をしてくださった
三ヶ尻さん、どうもありがとうございました☆
20150809-kso_593_concert_002.jpg

こちらは本番から。
ブラームスの「ドイツ・レクイエム」はオルガンとハープ2台も入った大編成です♪
20150809-kso_593_concert_003.jpg

菅英三子さんの透きとおるような美しいソプラノが心の奥までしみわたり、
魂は癒されました☆
20150809-kso_593_concert_004.jpg

バリトン吉江忠男さんは、74歳を迎えられたとは思えないパワフルな声量で
表現力あふれる歌を聴かせてくださいました☆
20150809-kso_593_concert_005.jpg

そして、現田茂夫さんのエネルギッシュな指揮にリードされ、
20150809-kso_593_concert_007.jpg

20150809-kso_593_concert_008.jpg

京響メンバーとともに京響コーラスも素晴らしいハーモニーで大熱演!
20150809-kso_593_concert_006.jpg

ドイツ語の発音もしっかりとホールに響き渡り、
感動あふれる名演奏をお聴かせすることができました~♪
20150809-kso_593_concert_009.jpg

終演後には、言語指導の三ヶ尻さんが、すてきなプラカードで
京響コーラスのメンバーへ「お疲れ様でした!」の温かいメッセージです☆
20150809-kso_593_concert_010.jpg

最後に、指揮の現田茂夫さんと独唱の菅英三子さん&吉江忠男さん、
合唱指揮の小玉晃さん、言語指導の三ヶ尻正さんのさわやかな笑顔です!
皆さん、素晴らしいコンサートをどうもありがとうございました!
20150809-kso_593_concert_011.jpg

次回の京響自主公演は、8/12北文化会館と8/13呉竹文化センターでの
「みんなのコンサート2015~オーケストラと行く夏の旅」(0歳から入場OK!)です。
チケットは、8/12公演(北文化会館)は完売御礼♪
8/13公演(呉竹文化センター)は残席わずかですので、
どうぞお早目に♪
2015/08/08カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日は現田茂夫指揮「第593回定期演奏会」!
今日の京響は、明日開催する
「第593回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は、オーケストラと声楽曲のスペシャリスト現田茂夫さん!
プログラムは、8月の定期演奏会恒例の
京響コーラスと共演する合唱作品で、
ソプラノ菅英三子さんとバリトン吉江忠男さんをソロに迎えた
ブラームスの大曲、「ドイツ・レクイエム」をじっくりお聴きいただきます。

こちらは今日のホール練習から。
20150808-kso_593_rehearsal_01.jpg

現田さんのエネルギッシュな指揮のもと、
菅さんの美しく透きとおったソプラノと吉江さんの力強いバリトンの
すばらしい独唱はもちろん、年々力をつけてきている京響コーラスが大健闘!
ホール全体にブラームスならではの重厚なハーモニーが響き渡り、心の奥まで届きます。
これはかなりの名演になる予感ですよ。皆さま、絶対にお聴き逃しなく!!
20150808-kso_593_rehearsal_02.jpg

「ドイツ・レクイエム」をお聴きいただく「第593回定期演奏会」は
明日8/9(日)京都コンサートホールにて午後2時30分開演です。
午後2時10分ごろからは指揮の現田茂夫さんのプレトークも開催します。

当日券と学生券は全席種(S、A、B、P席)ございまして、
いずれも午後1時30分から発売の予定ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
(今回は、休憩がないので後半券の発売はありません。ご来場の際は、
開演時間に遅れないよう、どうぞお早目にお越しくださいませ!)
2015/07/30カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
大盛況!京響=広上、真夏の「名古屋公演」!
今日の京響は「名古屋公演」の本番でした。

会場は、愛知県芸術劇場コンサートホール!
毎年来るたびにその響きの豊かさに感激します♪
20150731-kso_nagoya_2015_001.jpg

ホール入口には、本日の公演ポスターが!
20150731-kso_nagoya_2015_002.jpg

6回目となった今回の名古屋公演では、
我らが広上淳一さんの指揮のもと、
ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」、
日本を代表するピアニスト清水和音さんのソロにより
モーツァルトのピアノ協奏曲第23番、そしてメインには
ベルリオーズの「幻想交響曲」という
名古屋にぴったりの絢爛豪華なプログラムをお届けしました~♪

会場は、ほぼ満席!
猛暑にもかかわらず、ご来場くださいましたたくさんの皆さま、
本当にありがとうございました!

こちらは本番前のゲネプロから。
20150731-kso_nagoya_2015_003.jpg

清水和音さんの凛としたモーツァルト!
20150731-kso_nagoya_2015_004.jpg

そして、フランス・ロマン派の最高傑作「幻想交響曲」!
20150731-kso_nagoya_2015_005.jpg

真夏の「幻想」は、まさに「熱い」演奏です!
20150731-kso_nagoya_2015_006.jpg

20150731-kso_nagoya_2015_007.jpg

「幻想交響曲」といえば、第5楽章で鳴り響く「カリヨン」が有名ですが、
今回はこんな感じで、ステージ下手袖で演奏されました〜♪
20150731-kso_nagoya_2015_008.jpg

そして、いよいよ本番。
漂うようなハーモニーと精妙なニュアンスに富んだ「亡き王女のためのパヴァーヌ」
に続いて、モーツァルトの爽快なピアノ協奏曲第23番を。
20150731-kso_nagoya_2015_009.jpg

表現力豊かで美しい音色の清水和音さんのモーツァルトは絶品♪
アンコールでは、なんとこのコンサート冒頭に京響が演奏した
「亡き王女のためのパヴァーヌ」をピアノで聴かせてくださいました!
オーケストラ版のあとピアノ独奏による原曲を弾いてくださるなんて、
清水さんらしい粋な選曲ですね♪ 清水和音さんにブラボー☆☆☆
20150731-kso_nagoya_2015_010.jpg

後半は、熱狂の「幻想交響曲」!
20150731-kso_nagoya_2015_011.jpg

広上さんの渾身のタクトに導かれて、
20150731-kso_nagoya_2015_012.jpg

20150731-kso_nagoya_2015_013.jpg

京響メンバーが大熱演!!
20150731-kso_nagoya_2015_014.jpg

演奏後の鳴り止まぬ大きな拍手とブラボーにお応えして、
アンコールには「ロンドンデリーの歌」をしっとりとお贈りし、
大盛況のうちに名古屋公演をしめくくることができました。
20150731-kso_nagoya_2015_015.jpg

最後に、演奏後の二人の巨匠、広上淳一さんと清水和音さんの笑顔です♪
すばらしいコンサートをどうもありがとうございました☆☆☆
20150731-kso_nagoya_2015_016.jpg

今回も長い長〜いコンサートとなりましたが、
最後までお聴きくださったたくさんの熱心な名古屋のファンの皆さま、
および京都から応援にかけつけてくださった京響ファンの皆さまに
深く感謝申し上げます!!
来年も京響は名古屋へまいりますので(6月の予定です!)、
ぜひまた聴きにいらしてくださいね♪
(終演後は、ホール前のテレビ塔↓がキラキラ輝いておりました〜♪)
20150731-kso_nagoya_2015_017.jpg

次回の京響自主公演は、8/9開催「第593回定期演奏会」です。
現田茂夫さんの指揮、菅英三子さんのソプラノ&吉江忠男さんのバリトン、
そして京響コーラスとともに、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」を
お聴きいただきます。
チケットは、京都コンサートホールほかで絶賛発売中ですので、
たくさんの皆さまのご来場を心からお待ち申し上げております♪
2015/07/19カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
アクセルロッド指揮で大熱演!「第592回定期演奏会」
昨日と今日の京響は、「第592回定期演奏会」の本番でした。

ジョン・アクセルロッドさんの指揮のもと、
ブリテンの「4つの海の間奏曲」、ドビュッシーの「海」、
リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」をお聴きいただきました。

こちらは開演前のアクセルロッドさんによる「プレトーク」(英語通訳:尾池博子さん)です。
再び京都へ来られたことの喜び(とりわけ祇園祭のシーズンに!)とあわせて、
今回の「海」をテーマにした3作品についてお話をしてくださいました☆
(アクセルロッドさん、やさしく響く低い声もステキですね~♪)
20150719-kso_592_concert_001.jpg

こちらは本番から。
20150719-kso_592_concert_002.jpg

まずは、ブリテンの「4つの海の間奏曲」。
歌劇「ピーター・グライムズ」の舞台、イギリス東部の
暗くて冷たい、荒れた嵐の海・・・。
20150719-kso_592_concert_003.jpg

続いて、ドビュッシーの「海」。
20150719-kso_592_concert_004.jpg

初版スコアの表紙デザインに使われた
葛飾北斎の木版画「冨嶽三十六景-神奈川沖波裏」は
ドビュッシーの部屋の壁にもかけられていたとのこと。
あの北斎の版画のように大きくうねる海から、ざわめくようなさざ波まで、
ドビュッシーが音で描こうとしたさまざまな海の情景を、
アクセルロッドさんと京響が絶妙なニュアンスで見事に表現しました☆
20150719-kso_592_concert_005.jpg

後半は、「シェエラザード」で大海原へ!
20150719-kso_592_concert_006.jpg

「シェエラザード」といえば、コンサートマスターのソロに大注目!
コンサートマスター泉原隆志さんの甘い音色のヴァイオリンが、
美しくかつ雄弁に物語を語ります♪
20150719-kso_592_concert_007.jpg

そしてダイナミック&ドラマティックな「シェエラザード」の音絵巻が、
20150719-kso_592_concert_008.jpg

大きな波にゆられるかのように壮大に繰り広げられました~♪
20150719-kso_592_concert_009.jpg

マエストロ・アクセルロッドの華麗で鋭敏な指揮のもと、
京響メンバーも集中力と緊張感みなぎる熱演を披露☆
20150719-kso_592_concert_010.jpg

まさに究極の「シェエラザード」をお聴きいただきました~♪
アクセルロッドさんとコンサートマスター泉原隆志さん&京響メンバーにブラボ~~☆☆☆
20150719-kso_592_concert_011.jpg

最後に、終演後のジョン・アクセルロッドさんとコンサートマスター泉原隆志さんです♪
(ユーモアのセンスもバツグンのマエストロです~☆)
感動あふれるコンサートをどうもありがとうございました!
そして土・日にわたりご来場くださいましたたくさんの皆さまに心から感謝申し上げます!
20150719-kso_592_concert_012.jpg

次回8/9開催の「第593回定期演奏会」は、
現田茂夫さんの指揮、菅英三子さんのソプラノ&吉江忠男さんのバリトン、
そして京響コーラスとともに、ブラームスの合唱作品の傑作、
心癒される「ドイツ・レクイエム」をじっくりとお聴きいただきます。
チケットは、京都コンサートホールほかプレイガイドで絶賛発売中です。

また、「第593回定期演奏会」の前に、我らが広上淳一さんの指揮で、
7/30(木)午後6時45分から愛知県芸術劇場コンサートホールにて
「第6回名古屋公演」を開催します。
真夏にぴったりのベルリオーズ「幻想交響曲」をメインに、
清水和音さんのピアノ独奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第23番とともに
今年も京響=広上が名古屋の皆さまのもとへまいりますので、
名古屋近郊にお住いの皆さま、ぜひともご来場くださいませ!
チケットは、クラシック名古屋(052)678-5310 ほかプレイガイドで発売中です☆

いずれの公演も、まだチケットをお求めでない皆さまは、どうぞお早目に♪
2015/07/17カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日あさってはアクセルロッド指揮「第592回定期演奏会」!
今日の京響は、明日あさっての2回公演で開催する
「第592回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は、今回で3度目の客演となるジョン・アクセルロッドさん!
ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ響の首席指揮者として欧米で活躍されており、
2015/16年シーズンからはスペイン王立セヴィリア響の芸術監督にも就任されるという、
今まさに世界が注目する旬の指揮者です!
毎回テーマをもったすてきなプログラムをお聴かせくださるのですが、
今回は真夏の定期、ということでテーマは「海」。
ブリテンの「4つの海の間奏曲」、ドビュッシーの「海」、
そして、アラビアン・ナイトの世界を描いた
リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」というプログラムで、
「海」にちなんだ名曲をアクセルロッドさんの華麗なタクトのもとお楽しみいただきます☆

こちらは今日の練習風景から。
20150717-kso_592_rehearsal_001.jpg

リムスキー=コルサコフの色彩豊かなオーケストレーションが際立つ
「シェエラザード」では、コンサートマスター泉原隆志さんのソロが魅力的です☆
20150717-kso_592_rehearsal_002.jpg

アクセルロッドさんの「シェエラザード」は、
大海原で繰り広げられるシンドバッドの冒険の物語が
目の前に浮かんでくるようにドラマティックなので、
いつもの名曲がひと味違ってとても新鮮に聴こえて
あっという間にぐいぐいと演奏にひき込まれてしまいます!
20150717-kso_592_rehearsal_003.jpg

こちらはドビュッシーの「海」。
「シェエラザード」とはまた別のイメージの海ですね。
海の情景や波の動きやうねりが音でみごとに表現されます。
20150717-kso_592_rehearsal_004.jpg

そして、ブリテンの「4つの海の間奏曲」では、
ちょっぴり謎めいた、おどろおどろしい海も・・・!
20150717-kso_592_rehearsal_005.jpg

さまざまな「海」をお聴かせする「第592回定期演奏会」は、
明日7/18(土)とあさって7/19(日)の2回公演で、
いずれも京都コンサートホールにて午後2時30分開演です。
両日とも、午後2時10分ごろからは
指揮者ジョン・アクセルロッドさんのプレトーク(英語通訳付)も開催します。

当日券は、両日とも全席種(S、A、B、P席)ございます。
当日券と学生券は両日とも午後1時30分から、
後半券は(残席がある場合のみ)開演後から休憩が終わるまで発売の予定ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2015/07/05カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
高関健指揮で「みんなのコンサート2015」!
昨日と今日の京響は、京都こども文化会館と右京ふれあい文化会館にて
「みんなのコンサート2015」の本番でした。

こちらは↓京都こども文化会館にある、かなり凝ったからくり時計。
時間によって、西遊記とかぐや姫のからくり人形が出てきますよ~♪
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_01.jpg

「みんなのコンサート」は、いつも定期演奏会を開催する京都コンサートホールを離れて
京都市内の文化会館をめぐるコンサートで、
京都の夏といえば京響の「みんなのコンサート」!というほど、
夏には欠かせないイベントとしてずっと京都市民に愛され続けています☆

今年度の「みんなのコンサート」のトップを飾った7/4,5公演は、
常任首席客演指揮者の高関健さんの指揮のもと、
「初めてのジャジャジャジャ~ン」と題して、
ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」全楽章をお楽しみいただきました!
(今回は、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが向き合う「対向配置」での演奏です♪)
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_02.jpg

普段「みんなのコンサート」では、お子さまからご年配の方までに
気軽にクラシック音楽をお聴きいただこうと、
小品を中心にしたプログラムをご用意しているのですが、
今回は高関マエストロの指揮で、思い切って、
「ジャジャジャジャ~ン!」で始まるベートーヴェンの「運命」を、
なんと全楽章(約35分かかります!)お聴きいただくことにいたしました!

高関さんのお話も楽しくてステキです☆
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_03.jpg

「運命」全曲をお聴きいただくその前に、
前半では、まずワーグナーの「マイスタージンガー」前奏曲で
オーケストラのゴージャスな響きを味わっていただき、
その後、オーケストラの楽器紹介とともに、
ピツィカート・ポルカや「田園」第2楽章、
「ラ・ペリ」のファンファーレを。

こちらは楽器紹介から。
まず弦楽器とハープ、
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_04.jpg

20150705-kso_concert_for_all_2015_july_04-1.jpg

木管楽器、
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_05.jpg

そして金管楽器、と
高関さんの楽器解説はとってもわかりやすくて大人気☆
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_06.jpg

オーケストラの楽器がわかってきたら、今度は指揮者!
指揮の難しさ?!を知っていただくため、
マエストロ高関の指導のもと、指揮者体験コーナー!
課題曲はやはりベートーヴェンの「運命」第1楽章冒頭です(かなり難曲!!)。
さあ、「運命」を指揮してみたい方、手を上げて~~!
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_07.jpg

ということで、選ばれた3名さまがステージにのぼり、
最初に高関さんのレッスンを受けて・・・、
(ジャジャジャジャ~ン、のあとの休符が意外と難しいんですよね!)
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_08.jpg

いよいよ指揮台へ!
皆さま、思い思いの「ジャジャジャジャ~ン」を披露してくださいました。
指揮者体験コーナーにご参加くださった皆さま、
どうもありがとうございました!
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_09.jpg

そして後半は、マエストロ高関のキリリと引き締まった指揮のもと、
いよいよ「運命」全楽章をじ~~~っくりと!
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_10.jpg

「運命、すべて聴きました。すばらしかったです!」
「運命全曲、初めて聴き感激です」
「初めて聴きました。大迫力ですばらしかった」など、
会場からは満足感あふれるお声もたくさんいただき、
まさに「初めてのジャジャジャジャ~ン」を
心ゆくまで楽しんでいただくことができました!
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_011.jpg

こちらは終演後、笑顔の高関健さんです☆
高関さん、感動のジャジャジャジャ~ンを
どうもありがとうございました!
そして、梅雨のうっとうしい気候にもかかわらず、
ご来場くださいましたたくさんの皆さまに、
心より感謝申し上げます☆
20150705-kso_concert_for_all_2015_july_12.jpg

次回の「みんなのコンサート2015」は、
8/12北文化会館と8/13呉竹文化センターでの
「オーケストラと行く夏の旅」(キッズ向き=0歳から入場OK!)、
および8/29西文化会館ウエスティと8/30東部文化会館での
「オーケストラの自由研究」(ティーンズ&ヤングアダルト向き:4歳から入場OK!)
で、いずれもチケットは、各会場および京都コンサートホール、チケットぴあで
絶賛発売中です♪

そして続く「第592回定期演奏会」は2回公演!
7/18,19の両日とも、京都コンサートホールにて午後2時30分開催で、
3度目の登場となるジョン・アクセルロッドさんの指揮で、
ドビュッシーの「海」やリムスキー=コルサコフの「シェエラザード」など、
真夏にぴったりの海にちなんだ作品をお聴きいただきます。
チケットは、京都コンサートホールほかプレイガイドで発売中ですので、
まだチケットをお求めでない方は、どうぞお早目に♪
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»