今日、京響?

2016/07/13カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
弦楽アンサンブルで「京響ふらっとコンサート第2回」!
今日の京響は、中京区の京都文化博物館にて、
創立60周年を記念して開催している
「京響ふらっとコンサート第2回」の本番でした♪
20160714-kso_flat_2016_vol_2__01.jpg

20160714-kso_flat_2016_vol_2__03.jpg

こちらが京都文化博物館の建物。
20160714-kso_flat_2016_vol_2__02.jpg

この建物は、旧日本銀行京都支店であったということで
レトロな雰囲気たっぷりです。
20160714-kso_flat_2016_vol_2_04.jpg

今日の公演の会場となる別館ホールとエントランスの
間仕切りは、昔銀行であった名残か、
銀行のカウンターのようになっていて、
上にスライドさせて開く小窓がついているんですよ!
おもしろいですね!
20160714-kso_flat_2016_vol_2_05.jpg

今日の「ふらっとコンサート」には、
京響ヴァイオリン奏者の立石康子さん、森本京子さん、
京響ヴィオラ奏者の多井千洋さん、京響チェロ奏者の渡邉 正和さんが出演し、
モーツァルトの弦楽三重奏のためのディヴェルティメント第6楽章や、
ヴァイオリンとヴィオラの二重奏でハルヴォルセンのパッサカリアのほか、
弦楽四重奏により、ハイドンの弦楽四重奏曲第39番(32番)第1楽章、
ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」第1楽章など、
弦楽器の魅力たっぷりの作品をお届けしました。

最初の三重奏と二重奏では、作品の解説を
ヴァイオリンの立石さんがとても丁寧にしてくださいました☆
20160714-kso_flat_2016_vol_2__06.jpg

こちらはさわやかなモーツァルトの三重奏、
20160714-kso_flat_2016_vol_2__07.jpg

そして、情熱的なハルヴォルセンの二重奏!
20160714-kso_flat_2016_vol_2__08.jpg

弦楽四重奏の作品については、
チェロの渡邉さんが、ハイドンやドヴォルザークはもちろん、
ご自分で編曲されたショパンのノクターンやルパン三世などの
作品についても、とても詳しく&楽しく(!)お話してくださり、
20160714-kso_flat_2016_vol_2__09.jpg

いつもいっしょに演奏している京響メンバーならではの
息の合った究極の弦楽アンサンブルをお贈りして、
20160714-kso_flat_2016_vol_2__10.jpg

終演後には満席の客席から大きな拍手をいただきました〜!!
20160714-kso_flat_2016_vol_2__11.jpg

20160714-kso_flat_2016_vol_2__12.jpg

小雨と蒸し暑さにもかかわらずご来場くださいました
たくさんの皆さま、どうもありがとうございました!!
20160714-kso_flat_2016_vol_2__13.jpg

次回の「京響ふらっとコンサート第3回&第4回」は、
8/25(木)ハープ&オーボエ、8/27(土)ハープ&フルートのデュオにより、
いずれも午後6時15〜&午後7時〜の2回公演で
京都駅の西にある梅小路公演内の京都水族館・大水槽前にて開催しますので、
どうぞ夏休みの締めくくりにご家族そろってご来場くださいませ♪
(「ふらっとコンサート」への入場は無料ですが、
水族館への入場料が別途必要となりますので、ご了承ください)

また、今月末の7/30&31には、
若き俊英ユージン・ツィガーンさんを指揮に迎えて
「第603回定期演奏会」を開催し、
マーラーの交響曲第5番をメインにしたプログラムをお聴きいただきます。
チケットは、京都コンサートホールで絶賛発売中ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/07/10カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
伊藤翔指揮で「京響みんなのコンサート~ドキドキ・クラシック」!
昨日と今日の京響は、
「みんなのコンサート2016~夏を涼しく!ドキドキ・クラシック」
の本番でした。

会場は、昨日7/9は京都市西文化会館ウエスティ、
今日7/10は京都市北文化会館。
梅雨の終りの不安定なお天気と蒸し暑さにもかかわらず、
ご来場くださいましたたくさんの皆さま、
どうもありがとうございました!!
(7/10北文化会館は完売御礼!!)

指揮は、国内外で活躍されている、若き期待の指揮者、伊藤翔さん!
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_01.jpg

今回の「みんなのコンサート」のテーマは「音楽きもだめし」!
「スター・ウォーズ」から「帝国のマーチ」、
グリーグの「ペール・ギュント」から「山の魔王の宮殿で」など、
身の毛もよだつような怖~~~いクラシック音楽を選りすぐった
背筋から「ゾッと」涼しくなる夏にぴったりのプログラムを、
4歳のお子さまからご入場いただいて
家族みんなでお楽しみいただきました☆

7/9西文化会館ウエスティでは、
なんと、西京区のマスコットキャラクター「たけにょん」が
京響を応援するため会場に登場!!
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_02.jpg

子どもたちも大喜びで、たけにょんの周りに大集合で~~す☆
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_03.jpg

そして、本番。
今回も夏らしく、60周年記念の還暦赤Tシャツ姿(7/9)と
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_04.jpg

白地にブルーのさわやかなTシャツ姿(7/10)で演奏!
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_05.jpg

サン=サーンスの「死の舞踏」では、
コンサートマスター泉原隆志さんが大活躍!
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_06.jpg

普通のヴァイオリンと、E弦を半音下げた調弦のヴァイオリンという
2丁のヴァイオリンをたくみに弾き分けて、
墓場から出てきた骸骨が奏でる恐ろし~い音楽を
見事に表現してくださいました。泉原さんにブラボー☆
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_07.jpg

指揮の伊藤翔さんも、若さあふれる的確なタクトとともに、
曲間ではお客さまに丁寧でわかりやすい曲の解説もしてくださいました♪
伊藤翔さんにブラボー☆
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_08.jpg

終演後のアンケートでは
「いつ聴いても素晴らしい。京都市民の誇りです」
「子どもが入場できるコンサートはなかなかないので、
毎夏楽しみにしています。ほどよい時間(長いと子どもがあきてしまう)、
時間帯、値段で、一流の演奏家の方たちのパフォーマンスに触れられる
よい機会ですので、ぜひ続けてください!」
「指揮の伊藤翔さんが簡単な紹介とともに演奏してくださり、感動しました」
「大きいコンサートとは違う良さがあると思いました。
またぜひ聴きに行きたいと思います」
「気軽にコンサートに触れることができてよかった」
「良い演奏を低料金で聴けるのはありがたいです。
子連れで聴けるのもありがたい。また聴きに行きたいと思います」
などなど、うれしいメッセージをたくさんいただき、
心から感謝申し上げます!
20160710-kso_minna_2016_dokidoki_09.jpg

次回の京響自主公演は、7/13(水)午後7時から
京響創立60周年記念の「ふらっとコンサート第2回」を
京都市中京区の京都文化博物館・別館ホールにて開催します。
京響ヴァイオリン奏者の立石康子さん、森本京子さん、
京響ヴィオラ奏者の多井千洋さん、京響チェロ奏者の渡邉 正和さんが登場し、
モーツァルトの弦楽三重奏のためのディヴェルティメント第6楽章や
ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」第1楽章など
弦楽アンサンブルを入場無料でお聴きいただきますので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/07/03カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
完売御礼!京響=広上で「みんなのコンサート~ワクワク・クラシック」!
昨日と今日の京響は「みんなのコンサート2016~夏だ祭りだ!ワクワク・クラシック」
の本番でした。

指揮は、常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー広上淳一さん!
会場は、昨日7/2は京都市右京ふれあい文化会館、
今日7/3は京都市呉竹文化センターで、
両日ともチケットは完売御礼~♪
暑さの中、ご来場くださいましたたくさんの皆さま、
どうもありがとうございました!!

今年度の「みんなのコンサート」は、
今年迎えた創立60周年記念の赤い「還暦」Tシャツと
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_001.jpg

さわやかなブルーの楽器デザイン(音符の形になっています!)の
NEWデザイン白Tシャツで元気に演奏させていただいています~♪
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_002.jpg

今回の「みんなのコンサート」のテーマは「祭りと踊り」。
夏といえば、やはり祭り!
京都でも7月に有名な三大祭の一つ、祇園祭がありますね。
ということで、ファリャの「火祭りの踊り」やドヴォルザークの序曲「謝肉祭」、
チャイコフスキーのバレエ組曲「くるみ割り人形」からなど、
世界各国のお祭りや踊りにちなんだ名曲を集めて
じっくりお楽しみいただきました☆
(アンコールで演奏した和田薫さん作曲「土俗的舞曲」も大好評でしたね~!)
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_003.jpg

演奏の合間には、京響音楽スタッフの森本芙紗慧さんと
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_004.jpg

京響ヴィオラ奏者の多井千洋さんも広上さんのトークに加わり、
テーマのお祭りや今回演奏する作品についてなど、
楽しいお話をたっぷりときかせてくださいました~☆☆☆
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_005.jpg

ヴィオラ(右)の大きさを、ヴァイオリンと比べて↓ご覧いただいています~♪
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_006.jpg

満員で盛り上がる客席を前に、広上マエストロはノリノリで、
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_007.jpg

広上さんの踊るようなエネルギッシュな指揮も絶好調~!!
(創立60周年を祝う背中の「60」が力強いですね!!)
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_008.jpg

終演後のアンケートでは
「すぐ近くで見られて良かった。コンサートホールでは顔の表情までわからないけど、
今日は顔が見られてよかった」
「さすが京響さん!すばらしいです!今日はTシャツでお祭りですね!
いつもより身近に感じます。お安い料金で昼間に聴けるのが、主婦にはありがたいです」
「小さい子どもといっしょに、手軽な値段でオーケストラをきけて大変よかったです。
このような企画に感謝します。これからもオーケストラに足を運んでみたくなりました!」
などなど、たくさんの温かいメッセージをいただきました。
ご来場くださいました皆さま、本当にありがとうございました!

次回の「京響みんなのコンサート」は、
7/9(土)西文化会館ウエスティ、7/10(日)北文化会館にて、
いずれも午後2時から、伊藤翔さんの指揮により開催。
4歳のお子さまから入場OKで、
「夏を涼しく!ドキドキ・クラシック」と題して、
身の毛もよだつような怖~~いクラシック音楽を聴いて
ゾクゾクっと涼んでいただく、まさに「音楽きもだめし」!

チケットは、7/9の西文化会館公演のみ、まだ残席がありまして、
会場となる西文化会館(075-394-2005)のほか、京都コンサートホール、
チケットぴあでも発売中です!
(7/10の北文化会館公演は完売で、当日券の発売もございません)

7/9西文化会館には、なんと西京区のマスコットキャラクター
たけにょんが会場へやってきますので、
ぜひともご家族そろってのご来場を心よりお待ち申し上げております♪
20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_009.jpg

20160703-kso_minna_2016_wakuwaku_010.jpg
2016/06/26カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
満員御礼!京響=広上で「ふらっとコンサート第1回」
今日の京響は、「ふらっとコンサート第1回」の本番でした。

「ふらっとコンサート」は、今年創立60周年を迎えたことを記念して、
京都市民の皆さまにとって、もっと身近な存在のオーケストラになりたい!
という願いから、京都市内各所に京響メンバーが出かけて
さまざまな編成のアンサンブルのミニコンサートを
「ふらっと気軽に」「ステージと客席の敷居を感じずフラットに」
入場無料でお届けするもので、
第1回の今日は、京都市右京区の京北地域にある
京北第一小学校の体育館にて、
常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザーの広上淳一さんの指揮で
オーケストラ・コンサートをお聴きいただきました~♪

こちらが会場となった京北第一小学校です。
梅雨の真っただ中でしたが、どうにか晴れてラッキーでした♪
20160626-kso_flat_keihoku_2016_001.jpg

学校は美しい緑の山々に囲まれて、
20160626-kso_flat_keihoku_2016_002.jpg

20160626-kso_flat_keihoku_2016_003.jpg

教室や廊下も木のぬくもりでいっぱい!
こんなステキな学校で勉強できるなんて、
京北地域の子どもたちは本当に幸せですね~☆
20160626-kso_flat_keihoku_2016_003-1.jpg

こちらは本日演奏させていただいた体育館です。
20160626-kso_flat_keihoku_2016_004.jpg

太陽の光にあふれ、木がぜいたくに使われた立派な建物で、
20160626-kso_flat_keihoku_2016_005.jpg

窓から見える山の緑が目にやさしく、心がホッと癒されました♪
20160626-kso_flat_keihoku_2016_006.jpg

そして本番。
20160626-kso_flat_keihoku_2016_007.jpg

予想を超えるたくさんの皆さまがご来場くださり、
20160626-kso_flat_keihoku_2016_009.jpg

会場の体育館は満員御礼で立ち見も!!
20160626-kso_flat_keihoku_2016_008.jpg

マエストロ広上からお客さまへ、
こんなに大勢の皆さまにお越しいただけたことへの
感謝の気持ちをお伝えし、
20160626-kso_flat_keihoku_2016_009-2.jpg

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と
20160626-kso_flat_keihoku_2016_010.jpg

ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」
という名曲2曲を、京響=広上の大熱演でお贈りして、
クラシック音楽の感動を皆さまと分かち合うことができました。
20160626-kso_flat_keihoku_2016_011.jpg

京響メンバーも本当に気持ちよく演奏させていただき、
20160626-kso_flat_keihoku_2016_012.jpg

20160626-kso_flat_keihoku_2016_013.jpg

20160626-kso_flat_keihoku_2016_014.jpg

20160626-kso_flat_keihoku_2016_015.jpg

終演後には、大きな大きな拍手を山ほどいただきました~!!
京北地域の皆さま、また遠方からお越しくださいました皆さまに
心から感謝申し上げます!
20160626-kso_flat_keihoku_2016_016.jpg

次回の「京響ふらっとコンサート第2回」は、
7/13(水)午後7時から、京都文化博物館の別館ホールにて開催します。
京響の弦楽器メンバーによるアンサンブルで、
モーツァルトの弦楽三重奏のためのディヴェルティメントから第6楽章、
ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」第1楽章などを
入場無料でお聴きいただきますので、ぜひともご来場くださいませ。

この「京響ふらっとコンサート」は、夏から秋にかけても
京都市内のあちこちで開催いたしますので、
どうぞお楽しみに!!
(会場や日時などは、決定次第、
京響ホームページなどにてお知らせします)
2016/06/24カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
大熱演!キンボー・イシイ指揮「第602回定期演奏会」
今日の京響は、「第602回定期演奏会」の本番でした。

ドイツ・マグデブルク劇場音楽総監督として活躍されている
キンボー・イシイさんの指揮のもと、
ブラームスの「大学祝典序曲」、
ララ・セント・ジョンさんのヴァイオリン独奏で
ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番、
そして、デンマークの作曲家ニールセンの交響曲第5番
をたっぷりとお楽しみいただきました☆

こちらは開演前のキンボー・イシイさんによる「プレトーク」から。
本日のプログラムについて、キンボーさんならではの
興味深いお話をたくさん聴かせてくださいました☆
20160624-kso_602_concert_01.jpg

そして本番スタート。
20160624-kso_602_concert_02.jpg

まずは明るく活力に満ちたブラームスの大学祝典序曲!
20160624-kso_602_concert_03.jpg

続いて、ララ・セント・ジョンさんのヴァイオリン独奏により
ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番!
20160624-kso_602_concert_04.jpg

情熱的で個性あふれる大らかなブルッフに感動!
20160624-kso_602_concert_05.jpg

ララさんがアンコールで聴かせてくださった
バッハの無伴奏パルティータ第2番のジーグにもブラボー☆
(キンボーさんも指揮台に座ってお聴きになっておられました!)
20160624-kso_602_concert_06.jpg

そして後半は、ニールセンの交響曲第5番。
20160624-kso_602_concert_07.jpg

キンボー・イシイさんのエネルギッシュなタクトのもとで、
ニールセンの魅力をじっくりと堪能できたコンサートでした。
キンボーさんにブラボー☆
20160624-kso_602_concert_08.jpg

最後に、演奏後のキンボー・イシイさんとララ・セント・ジョンさんの笑顔です。
(なんとお二人は、ニューヨークのマネス音楽院で同級生でいらしたそうです!)
20160624-kso_602_concert_09.jpg

すばらしいコンサートをどうもありがとうございました☆
そして、本日は雨にもかかわらず
ご来場くださいましたたくさんの皆さま、
どうもありがとうございました!

次回の京響自主公演は、あさって6/26(日)午後2時から
京響創立60周年記念の「ふらっとコンサート第1回」を
京都市右京区の京北地域にある京北第一小学校の体育館にて開催します。
広上淳一さんの指揮によるオーケストラ・コンサートで、
モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と
ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」という王道の名曲を
入場無料でお聴きいただきますので、
京北地域にお住まいの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/06/23カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日はキンボー・イシイ指揮「第602回定期演奏会」!
今日の京響は、明日6/24(金)に開催する
「第602回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は、現在ドイツのマグデブルク劇場音楽総監督を務めていらっしゃる
キンボー・イシイさん!

京響へは、2000年1月の「ニューイヤーコンサート」以来、
2度目の客演となるキンボーさんが今回聴かせてくださるのは、
ブラームスの「大学祝典序曲」、
カナダの天才ヴァイオリニスト、
ララ・セント・ジョンさんを独奏にお迎えした
ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番、
そして、めずらしいニールセンの交響曲第5番、という
バラエティ豊かなプログラムです☆

とりわけデンマークの作曲家ニールセンの交響曲は、
1995年にデンマークで開催された「ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール」で
第4位に入賞されたキンボーさんならではの、
まさに自信にあふれたとっておきの1曲ですので、
ぜひともお聴き逃しなく!

こちらは今日のホール練習風景から。
ニールセンの交響曲では、巧みなオーケストレーションにより
さまざまな響きが絡み合って大きなうねりが生まれ、
壮大なシンフォニーの世界がホールいっぱいに拡がります!
20160623-kso_602nd_rehearsal_01.jpg

大学祝典序曲は、ブラームスらしさに満ちた華やかな名曲!
京響の創立60周年を祝うかのように気高く鳴り響きます☆
20160623-kso_602nd_rehearsal_02.jpg

そして、ララ・セント・ジョンさんのヴァイオリン独奏による
スケールの大きなブルッフも必聴です!!
20160623-kso_602nd_rehearsal_03.jpg

20160623-kso_602nd_rehearsal_04.jpg

「第602回定期演奏会」は明日6/24(金)
京都コンサートホールにて午後7時開演です。
開演前の午後6時40分ごろからは
キンボー・イシイさんのプレトークも開催いたしますので、
併せてお楽しみください。

当日券は、全席種S、A、B、P席がございまして、
当日券と学生券は午後6時から、
後半券は開演後から休憩終了まで発売となる予定です。
梅雨のじめじめしたうっとうしさを吹き飛ばすかのように、
エネルギッシュなサウンドをお届けいたしますので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/06/19カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
大盛況!川瀬賢太郎&京響で「オーケストラ・ディスカバリー」!
今日の京響は、「オーケストラ・ディスカバリー2016」第1回の本番でした。

今年度の「オーケストラ・ディスカバリー」は
「オーケストラ・ミステリー」がテーマ。
クラシック音楽の名曲とともに
オーケストラのさまざまなミステリーに迫りますよ~♪

今年度の第1回は、「オーケストラの秘密~ヒット曲にはわけがある!?~」
がテーマで、指揮は若きマエストロ川瀬賢太郎さん!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_01.jpg

「スター・ウォーズ」の「ダース・ベイダーのテーマ」
三浦友理枝さんのピアノでモーツァルトのピアノ協奏曲第21番第2楽章、
エルガーの「威風堂々第1番」、レスピーギの「ローマの松」から
「アッピア街道の松」などの名曲を、
ナビゲーターのガレッジセールのお二人の楽しいトークとともに、
たっぷりとお聴きいただきました!

こちらは本番前のゲネプロからです~♪
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_02.jpg

「ダース・ベイダーのテーマ」は、迫力満点!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_03.jpg

20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_04.jpg

20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_05.jpg

三浦友理枝さんの美しいピアノで
モーツァルトのピアノ協奏曲第21番第2楽章♪
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_06.jpg

20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_07.jpg

そして、「アッピア街道の松」ではバンダも登場~!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_08.jpg

今日の開演前のロビーイベントは、
「オルガン・バックステージツアー」!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_09.jpg

事前お申込みいただいた子どもの皆さんにご参加いただき、
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_10.jpg

オルガニスト桑山彩子さんによるパイプオルガンの解説や、
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_11.jpg

20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_12.jpg

楽屋裏の地下にあるピアノ庫を訪れて、
いつも京響がお世話になっているピアノ調律師の中谷さんのお話をうかがい、
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_13.jpg

最後はガレッジセールのお二人の楽屋訪問をして
普段は見られないバックステージの様子をご覧いただきました~♪
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_14.jpg

そして本番スタート!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_15.jpg

川瀬賢太郎さんの若さあふれるエネルギッシュな指揮のもと、
京響の熱演をじっくりお聴きいただきました~!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_16.jpg

モーツァルトのピアノ協奏曲第21番では、
三浦友理枝さんの澄みきった音で
美しきモーツァルトの調べに心を癒されました☆
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_17.jpg

20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_18.jpg

そして、後半のレスピーギ作曲「ローマの松」から「アッピア街道の松」では、
ステージ後方のオルガン横で、金管楽器のバンダが大活躍!!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_19.jpg

20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_20.jpg

川瀬さんの熱いタクトから生まれる臨場感あふれるゴージャスなオーケストラの響きで
会場は大きく盛り上がりました~!川瀬賢太郎さんにブラボー!!
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_21.jpg

こちらは演奏後の川瀬賢太郎さんと三浦友理枝さん、
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_22.jpg

こちらは、終演後の川瀬賢太郎さん、三浦友理枝さん、
ガレッジセールのお二人のすてきな笑顔です☆
20160619-kso_orchedis_2016_vol_1_23.jpg

皆さん、感動いっぱいのコンサートをどうもありがとうございました!
そして、雨にもかかわらずご来場くださいました
たくさんの子どもの皆さん、どうもありがとうございました!

次回の「オーケストラ・ディスカバリー2016」第2回は、8/28に開催です。
「楽器の秘密~第2の指揮者 ティンパニ編~」をテーマに、
常任客演指揮者の下野竜也さんの指揮のもと、
首席打楽器奏者・中山航介さんのティンパニが大活躍する名曲が勢ぞろいします。
日本を代表するピアニスト清水和音さんの独奏による
グリーグのピアノ協奏曲第1楽章にもご注目を!

そして来週6/24開催の「第602回定期演奏会」は、
キンボー・イシイさんの指揮で、ニールセンの交響曲第5番をメインに、
ララ・セント・ジョンさんのヴァイオリン独奏による
ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番もお聴きいただきます。

いずれもチケットは、京都コンサートホールで絶賛発売中ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/06/16カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
大熱演!京響=広上の「名古屋公演」!
今日の京響は、年に一度開催する「名古屋公演」の本番でした。
20160617-kso_nagoya_2016_01.jpg

会場は、残響が豊かな愛知県芸術劇場コンサートホール!
7回目となった今回の名古屋公演では、
我らが広上淳一さんの指揮のもと、
2010年ジュネーヴ国際コンクール優勝で世界に羽ばたく
若きピアニスト萩原麻未さんをソロにお迎えした
サン=サーンス最後のピアノ協奏曲第5番「エジプト風」と、
チャイコフスキー最後の交響曲第6番「悲愴」という、
2人の作曲家の集大成ともいえる名古屋にぴったりの
ゴージャスなプログラムをお届けしました~♪

こちらは本番前のゲネプロから。
20160617-kso_nagoya_2016_04.jpg

チャイコフスキー屈指の名曲、「悲愴」交響曲〜!
20160617-kso_nagoya_2016_05.jpg

そして、サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」を、
20160617-kso_nagoya_2016_02.jpg

萩原麻未さんの生き生きとしたソロで♪
20160617-kso_nagoya_2016_03.jpg

そして、いよいよ本番。
20160617-kso_nagoya_2016_06.jpg

ナイル川の風景を想像させるエキゾチックなメロディに満ちた
サン=サーンスのピアノ協奏曲「エジプト風」を
萩原麻未さんのピアノが流麗かつ色彩豊かに奏でます☆
20160617-kso_nagoya_2016_07.jpg

後半は、ドラマティックなチャイコフスキーの「悲愴」!
20160617-kso_nagoya_2016_08.jpg

広上さんの渾身のタクトに導かれて、
京響メンバーが大熱演〜!!
20160617-kso_nagoya_2016_10.jpg

そして最後の1音が、まるで息絶えるかのように消えると、
深い余韻のあとで、嵐のような拍手とブラボーが!!
20160617-kso_nagoya_2016_09.jpg

演奏後の鳴り止まぬ大きな拍手にお応えして、
アンコールにはチャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」を
しっとりとお贈りし、感動の名古屋公演をしめくくることができました。
20160617-kso_nagoya_2016_11.jpg

雨にもかかわらず、今回もご来場くださいました
たくさんの熱心な名古屋のファンの皆さま、
および京都から応援にかけつけてくださったファンの皆さまに
深く感謝申し上げます!!
(終演後は、ホール前のテレビ塔↓が小雨にキラキラ輝いておりました〜♪)
20160617-kso_nagoya_2016_12.jpg

次回の京響自主公演は、6/19開催
「オーケストラ・ディスカバリー2016」第1回です。
今年度のオーケストラ・ディスカバリーは
「オーケストラ・ミステリー」をテーマに、
オーケストラやクラシック音楽のさまざまなナゾやミステリーにせまります。
第1回「オーケストラの秘密」では若きマエストロ川瀬賢太郎さんが指揮に登場!
三浦友理枝さんのピアノ独奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第21番第2楽章や
レスピーギの「ローマの松」から「アッピア街道の松」など、
名曲とともにオーケストラの魅力をお届けします。
残席は、指定席1回券が売切となり、
自由席1回券のみとなっております。
チケットは京都コンサートホールほかで絶賛発売中ですので、
ぜひともご家族そろってのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/06/03カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
鈴木織衛指揮「みんなのコンサート2016」ウキウキ・クラシック!
昨日と今日の京響は、京都市内の文化会館をめぐる
毎年恒例の「みんなのコンサート」の本番でした。

指揮は、様々なジャンルで多彩なご活躍をされている鈴木織衛さん!
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_001.jpg

6/2は京都テルサ(京都市南区)、6/3は東部文化会館(京都市山科区)で、
「梅雨も気分爽快!ウキウキ・クラシック」と題して
0歳の赤ちゃんから会場にご入場いただいて、お母さんのおひざの上で、
オーケストラの生の響きをエンジョイしていただきました!

ところで、夏といえば・・・、やっぱりTシャツ!
京響ファンに人気の京響オリジナルTシャツの
新デザインができあがりました~~~!!
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_002.jpg

まずは、白地にブルーの楽器イラストが音符を形作る
さわやかなTシャツで、この夏のスタートはバッチリ決まりですね☆
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_003.jpg

背中には、もちろん「今日、京響?」が欠かせません♪
(京響ファンの合言葉!?)
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_004.jpg

さらに今年は、京響創立60周年を記念して、
60周年=還暦!ということで赤いTシャツを限定発売!!
(全サイズ1,800円で、なくなり次第販売終了となりますので、
ご購入はどうぞお早目に!!)
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_005.jpg

背中の「60」という数字で、
京響が歩んできた60年の歴史の重みを
表現しています♪
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_006.jpg

京響の新デザインTシャツ2点は、
定期演奏会の会場の京都コンサートホールほか、
「みんなのコンサート」のときにも各会場で販売いたしますので、
皆さまどうぞお見逃しなく!!

さて、コンサートに戻りまして、
キッズ向き「みんなのコンサート」といえば、ベビーカー置き場が必須!
今年もたくさんのベビーたちがかっこいいベビーカーを乗り付けて
ご来場くださいました~☆
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_007.jpg

そしてお待ちかねの本番。
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_008.jpg

今回は、J.シュトラウス2世のポルカやアンダーソンの楽しい小曲、
人気の「アナと雪の女王」メドレーのほか、
「ラデツキー行進曲」では、会場の皆さんも鈴木織衛さんの指揮のもと、
手拍子で京響と共演!
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_009.jpg

また、榊原栄作曲「キッチン・コンチェルト」では、
京響の首席打楽器奏者・中山航介さんがシェフになってステージ上でお料理?!
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_010.jpg

・・・と思いきや、フライパンやスプーン、大根おろし器やまな板、ボールなどなど
キッチン用品を見事に鳴らして、華麗な協奏曲を聴かせてくださいました~☆
中山さんにブラボー☆☆☆
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_011.jpg

途中からは、京響副首席打楽器奏者・宅間斉さんと京響打楽器奏者・福山直子さんも、
ゴミ箱などを楽器のように鳴らしながら登場です~♪
キッチン用品でこんなにすばらしい音楽ができるなんて、感激です~☆
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_012.jpg

今回使用したキッチン用品たち!
ごく普通のキッチン用品↓が、楽器に大変身!!
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_013.jpg

さらに、みんな大好きな「トトロ」の「さんぽ」では、
子どもの皆さんが京響といっしょに元気に歌ってくださいました~!!
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_014.jpg

そして、プログラム最後の「雨に唄えば」では、
カラフルなかわいい傘がステージに登場し、
赤ちゃんたちもお母さんといっしょに体をゆらしながら、
ウキウキとクラシック音楽を楽しんでくださいました☆
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_015.jpg

終演後のアンケートでも、
「0歳の赤ちゃんも来れるなんて、とても楽しくすばらしい演奏会でした!」
「3歳の子どものために来ましたが、母の私も感動して癒されました。様々な演出も楽しかったです。ありがとうございました。」
「子どもがキッチンセットを食い入るように見つめていました。楽しんでいろいろな音を聴けたみたいです。」
「最高です!初めてオーケストラを見に来たのですが、もう楽しすぎました。」
「気楽に楽しくオーケストラを楽しむことができました。ぜひまた定期演奏会に行きたいです。」
などなど、感想もたくさんいただきました。
ご来場くださいましたたくさんの皆さま、本当にありがとうございました!
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_016.jpg

こちらはすてきな指揮とお話しをしてくださった鈴木織衛さんの笑顔です☆
アイデアに満ちた楽しいコンサートをどうもありがとうございました☆
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_017.jpg

今年もたくさんの赤ちゃんや子どもたちに
クラシック音楽のすばらしさをお届けすることができました☆
また来年もぜひ、京響のコンサートにご来場くださいね~♪
20160603-kso_minna_2016_ukiuki_018.jpg

次回の「京響みんなのコンサート」は、
7/2(右京ふれあい文化会館)と 7/3(呉竹文化センター)は
広上淳一さん指揮(6歳から入場OK)、
7/9(西文化会館ウエスティ)と7/10(北文化会館)は
伊藤翔さんの指揮(4歳から入場OK)で開催します。
チケットは、会場および京都コンサートホール、チケットぴあで発売中で、
7/2(右京ふれあい文化会館)と 7/3(呉竹文化センター)は
残席がわずかになってきておりますので、どうぞお早目に♪

そして、次回の京響自主公演は、6/16(木)午後6時45分から
愛知県芸術劇場コンサートホールにて、
広上淳一さんの指揮のもと、「第7回名古屋公演」を開催します!
前半は、若き才能あふれるピアニスト萩原麻未さんのソロで
サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」、
後半には、チャイコフスキー最後の交響曲、第6番「悲愴」という
名古屋限定のぜいたくなプログラムをお聴きいただきます☆
当日券も発売の予定ですので、名古屋とその近郊にお住いの皆さま、
ぜひともお誘い合せのうえ、そろってご来場くださいませ!!
名古屋の皆さまにお会いできますことを、心から楽しみにしております~♪
2016/05/22カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
大熱演!サッシャ・ゲッツェル指揮「第601回定期演奏会」
今日の京響は、「第601回定期演奏会」の本番でした。

こちらは開演前のゲッツェルさんによる「プレトーク」から。
(英語通訳は尾池博子さん)
ウィーン・フィルを設立したニコライにはじまり、
19世紀末の宮廷のワルツを描いたラヴェルまでという
今日のプログラムについてや、ウィーン・フィルのエピソードなど
興味深いお話をたくさんうかがうことができました☆
20160522-kso_601st_concert_001.jpg

そして本番スタート。
20160522-kso_601st_concert_002.jpg

まずは、「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲から。
ウィーンの香り漂う、明るく優雅な序曲です。
20160522-kso_601st_concert_003.jpg

続いて、ウィーン・フィル首席フルート奏者ワルター・アウアーさんのソロで、
モーツァルトのフルート協奏曲第1番。
20160522-kso_601st_concert_004.jpg

アウアーさんの黄金に輝くフルートが奏でる流麗なモーツァルトは絶品!!
アンコールに聴かせてくださったパガニーニの「24のカプリス」からの1曲も最高でした♪
アウアーさんにブラボー☆☆☆
20160522-kso_601st_concert_005.jpg

続いて後半は、2つの舞踏曲を。
20160522-kso_601st_concert_006.jpg

バルトークのバレエ組曲「中国の不思議な役人」では、
ミステリアスなこの作品を京響メンバーが快演!
弦楽器だけでなく、管楽器による緊張感に満ちた迫真の熱演にブラボ~~☆☆☆
20160522-kso_601st_concert_007.jpg

20160522-kso_601st_concert_008.jpg

そして、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」!
20160522-kso_601st_concert_009.jpg

ゲッツェルさんの気品あふれる凛とした素晴らしいタクトのもと、
20160522-kso_601st_concert_010.jpg

艶やかなめくるめくワルツの世界がホール全体に響き渡り、
コンサートを華麗に締めくくりました~☆
ゲッツェルさんにブラボー☆☆☆
20160522-kso_601st_concert_011.jpg

最後に、ゲッツェルさんとアウアーさんのすてきな笑顔です。
(お二人はものすごく仲良しなのです~!)
感動あふれるコンサートをどうもありがとうございました☆☆☆
そして、真夏日を記録して暑さが厳しかったにもかかわらず、
ご来場くださったたくさんの皆さま、本当にありがとうございました!
20160522-kso_601st_concert_012.jpg

次回の京響自主公演は、6/2,3開催の「みんなのコンサート」です。
「梅雨も気分爽快!ウキウキ・クラシック」と題して、
鈴木織衛さんの指揮のもと、0歳の赤ちゃんから会場にお入りいただき、
生のオーケストラの響きをお聴きいただきます!
会場は、6/2(木)は京都テルサ(京都市営地下鉄「九条」駅下車)、
そして、6/3(金)は東部文化会館(京都市営地下鉄東西線「椥辻」駅下車)
で、いずれも朝11時開演です。
チケットは、京都コンサートホール、東部文化会館、チケットぴあで
発売中ですので、たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 29 | 30 | 31 || Next»