今日、京響?

2016/08/28カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
大盛況!下野竜也指揮「オーケストラ・ディスカバリー2016」第2回
今日の京響は、「オーケストラ・ディスカバリー2016」第2回の本番でした。

指揮は、常任客演指揮者の下野竜也さん!
今回のオーケストラ・ディスカバリーは
「楽器の秘密~第2の指揮者 ティンパニ編~」がテーマ。
京響首席打楽器奏者・中山航介さんのティンパニ演奏による
ヘンデルの「王宮の花火の音楽」序曲、
ハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」や
ベートーヴェンの「第九」第2楽章など、
打楽器の王者ティンパニが大活躍をする名曲を、
ロザンのお二人のナビゲートで
じっくりとお聴きいただきました~♪

今回のオーケストラ・ディスカバリーの開演前ロビーイベントは、
「ヴァイオリン大解剖」!
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_001.jpg

イタリアのクレモナ アントニオ・ストラディヴァリ国際製作コンクールでディプロマを取得されている、
株式会社Liuteria-TAKADAの弦楽器製作者・髙田博史さんがご登場くださり、
ヴァイオリンができるまでの過程を、くわしく説明してくださいました☆

これは髙田さんが製作されたヴァイオリン。美しいですね!!
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_001-1.jpg

この木からヴァイオリンが生まれます。
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_002.jpg

表板、裏板、棹の部分がばらばらのヴァイオリン!
(めったに見ることができないですよね!)
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_003.jpg

こちらはヴァイオリンの型です。
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_004.jpg

これはなんと、ストラディヴァリの型だそうです!
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_005.jpg

今回、髙田さんは、普段見ることのできないヴァイオリンの内部がわかるように
このような特別の楽器を作ってくださいました!すごいですね!
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_006.jpg

ヴァイオリンの中をのぞくと、
表板と裏板をつなげる大切な棒=魂柱(こんちゅう)が見えます!!
この魂柱のおかげで音が裏板まで伝わって楽器全体が響くのだそうです。
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_007.jpg

このようにヴァイオリンの裏板を削ってなめらかにします。
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_008.jpg

20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_009.jpg

これは、ヴァイオリンの表面に塗るニス!
(秘伝のニスだそうで、梅酒のような甘い香りがします!)
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_010.jpg

子どもの皆さんにもニスの香りを匂っていただいたり、
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_011.jpg

ヴァイオリンができあがるまでの過程をわかりやすいお話とともに、
直接目で見て、手でさわって、匂いを感じて、体験していただきました!
髙田博史さん、どうもありがとうございました☆☆☆
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_012.jpg

20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_013.jpg

20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_014.jpg

20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_015.jpg

20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_016.jpg

そしてコンサートがスタート。
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_017.jpg

曲と曲のあいだでは、
下野さんとロザンのお二人のナビゲートで、
ティンパニの魅力を楽しいトークでご紹介!
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_018.jpg

ロンドンの花火大会のために作曲された「王宮の花火の音楽」では、
ティンパニが「ある時」と「ない時」を聴き比べていただきましたが、
ティンパニが入ると、キリリと音が引き締まるのがよくわかりましたね♪
中山航介さんの堂々たるティンパニ演奏にブラボー☆☆☆
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_019.jpg

20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_020.jpg

そして、ティンパニのロールでドラマティックに始まる
グリーグのピアノ協奏曲の第1楽章!
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_021.jpg

日本を代表するピアニスト清水和音さんの素晴らしいソロで、
冒頭のティンパニなしでも少し演奏していただきましたが、
やはりティンパニがなくては!
ティンパニの大切さをよくおわかりいただけたと思います。
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_022.jpg

そして最後にはホルストの「惑星」から
「火星」と「木星」で壮麗なティンパニをお楽しみいただき、
アンコールのポルカ「雷鳴と電光」で
ティンパニの醍醐味を満喫してコンサートをしめくくりました~♪
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_023.jpg

会場アンケートでも、
「王宮の花火の音楽のティンパニが花火にきこえた!」(8歳女子)
「いつもはヴァイオリンなどが主役という感じでしたが、
ティンパニがないと変な感じになったので、
ティンパニの重要性を感じました」(12歳男子)
「清水さんのピアノがすごかった!!」(11歳女子)
「ティンパニのことがより好きになりました」(18歳男子)
などなど、たくさんのメッセージをいただきました。
台風が接近して不安定なお天気にもかかわらず、
ご来場くださいましたたくさんの皆さまに
心から感謝申し上げます!!

こちらは終演後の下野竜也さんとロザンのお二人のすてきな笑顔です。
今回も楽しいコンサートをどうもありがとうございました☆
20160828-kso_orchedis_2016_vol_2_024.jpg

次回の「オーケストラ・ディスカバリー2016」第3回は、
11/13(日)午後2時から京都コンサートホールにて開催。テーマは「名曲の秘密」で
常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー広上淳一さんの指揮により、
「家路」として有名なドヴォルザークの「新世界」交響曲の第2楽章や、
チャイコフスキーが死の直前に作曲した最後の交響曲第6番「悲愴」など、
エピソードやミステリーたっぷりの名曲をじっくりお届けします。
「ツィゴイネルワイゼン」の独奏には、NHK大河ドラマ「真田丸」の
テーマ音楽のヴァイオリン・ソロを演奏している
三浦文彰さんが登場しますので、どうぞお楽しみに!

チケットは、指定席1回券が売切れとなり、
自由席1回券のみとなっておりますので、
どうぞお早目にお求めくださいませ。
ご家族そろってのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/08/27カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
ハープ&フルートで京響ふらっとコンサート
今日の京響は、おとといに引き続き京都水族館にて、
京響創立60周年記念の京響ふらっとコンサート第4回を開催しました♪

今回は京響ハープ奏者・松村衣里さんと
京響フルート奏者・市川智子さんの魅惑のデュオを
大水槽の前でゆったりとお楽しみいただきました~♪

オッフェンバックの「ホフマンの舟歌」ではじまり、
20160827-kso_flat_vol_4_001.jpg

イタリア民謡「海に来たれ」では、
市川智子さんがお得意のピッコロ演奏も披露!
20160827-kso_flat_vol_4_002.jpg

そして「浜辺の歌」「海」など水族館にぴったりの作品のあと、
20160827-kso_flat_vol_4_003.jpg

インドのシタール奏者シャンカールによる「魅惑の夜明け」
というオリエンタルな雰囲気の作品を
たくさんの皆さまにじっくりとお聴きいただくことができました☆
魚たちの優雅な舞いを見ながらの美しきハープ&フルート・デュオ、
本当に心から癒されました~♪
20160827-kso_flat_vol_4_004.jpg

次回の京響ふらっとコンサート第5回は、9/19(月・祝)
午後2時開演(午後1時45分開場)と午後3時30分開演(午後3時15分開場)の2回公演で、
京都市東山区の清水寺・圓通殿(清水寺入口の社務所横です)にて、
京響ヴァイオリン奏者の中野志麻さんと相本朋子さん、
京響ヴィオラ奏者の小田 拓也さん、京響チェロ奏者の渡邉 正和さんによる
弦楽四重奏をお届けします。
(入場は無料ですが、各公演、定員が50名で、
コンサート当日、各公演の1時間前から整理券を配布します)

そして、明日8/28開催「オーケストラ・ディスカバリー2016第2回」も
当日券は自由席のみ、明日午後1時から発売となりますので、
どうぞ皆さま、ご家族そろってご来場くださいませ!
2016/08/25カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
ハープ&オーボエで京響ふらっとコンサート
今日の京響は、「京都 発見!クラシックVol.4」のあと、
京響創立60周年記念の京響ふらっとコンサート第3回を
京都駅の西、梅小路公園内にある京都水族館にて開催しました♪

今回は京響ハープ奏者・松村衣里さんと
京響オーボエ奏者・髙島美紀さんの美しきデュオを
お楽しみいただきました~♪

最初に京都水族館の下村 実 館長による魚たちについてのお話があり、
20160825-kso_flat_vol_3_001.jpg

松村衣里さんのハープ・ソロで
トゥルニエの「森の泉のほとりへ」でスタート。
20160825-kso_flat_vol_3_002.jpg

20160825-kso_flat_vol_3_003.jpg

20160825-kso_flat_vol_3_004.jpg

そして、松村さんのナビゲートにより、
20160825-kso_flat_vol_3_005.jpg

オーボエの髙島美紀さんとともに、
「浜辺の歌」やカッチーニの「アヴェ・マリア」、
「リトル・マーメイド」から「Part of your world」と「Under the sea」を
水族館の大水槽でいろんな魚たちが悠々と泳ぐ姿をバックに、
ゆったりリラックスしてお楽しみいただきました~☆
(うっとりするほど、幻想的ですね~~♪ すぎょいです☆)
20160825-kso_flat_vol_3_006.jpg

次回8/27(土)午後6時15分~&午後7時~開催の
京響ふらっとコンサート第4回も
同じく京都水族館で開催いたします。
次回は、ハープ松村衣里さんと
フルート市川智子さんによるデュオで、
オッフェンバックの「ホフマンの舟歌」や
イタリア民謡「海に来たれ」などをお聴きいただきますので、
たくさんの皆さまのご来場を心からお待ち申し上げております☆
(コンサートは無料ですが、京都水族館への入館料が別途必要です)
20160825-kso_flat_vol_3_007.jpg
2016/08/25カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
高関健指揮「京都 発見!クラシックVol.4」
今日の京響は、平日お昼にトークとオーケストラ演奏を
お楽しみいただく、「京都 発見!クラシックVol.4」の本番でした。

指揮は、常任首席客演指揮者の高関健さん!
プログラム前半は、役者としてのみならず
画家としてもご活躍の片岡鶴太郎さんをゲストにお迎えして、
片岡鶴太郎さんと高関さんのトーク、
そして後半は、高関さん指揮京響で
デュカスの「魔法使いの弟子」と
ムソルグスキーの「展覧会の絵」という名曲を
じっくりとお聴きいただきました~!

こちらはトークの風景です♪
「見える音楽 聞こえる絵」をテーマに、
高関さんの指揮のお仕事のお話や、
片岡鶴太郎さんがいつもいろんなジャンルの音楽をお聴きになりながら
すばらしい絵を描いていらっしゃるお話など、
音楽と絵には強いつながりがあるのだということを感じさせる、
貴重なお話をたくさんうかがうことができました☆☆☆
20160825-kso_hakken_vol_4_001.jpg

そしてこちらは後半の京響の演奏から。
20160825-kso_hakken_vol_4_002.jpg

マエストロ高関(トークよりも指揮をされる方が気が楽だとのことです・笑)
の正確なタクトの下、デュカスとムソルグスキーの魅力を
たっぷりお贈りしました~!
会場で演奏をお聴きくださっていた片岡鶴太郎さんも
「本当にすばらしかった!」とおっしゃっていました☆
20160825-kso_hakken_vol_4_003.jpg

会場のアンケートでも、
「トークのあとでの公演というのが、曲目をより楽しめてよかったです。
平日の昼間でまた開いてください」
「それぞれの楽器の音色が深く心に響きました。
マエストロの解説を思い出しながら、どんな場面を表現されているのだろう
とイメージしながら聴いていました。」
「演奏から絵が想像されて、まるで作品を見ているようでした」など、
たくさんの温かいメッセージをいただきました。
猛暑の中、ご来場くださいました皆様に心から感謝申し上げます!

そして最後に、片岡鶴太郎さんと高関健さんのツーショットです。
素晴らしいステージをどうもありがとうございました!
20160825-kso_hakken_vol_4_004.jpg

次回の京響自主公演は、
8/28開催「オーケストラ・ディスカバリー2016」の第2回です。
常任客演指揮者・下野竜也さんの指揮で、
打楽器の王者で第2の指揮者ともいわれるティンパニにスポットをあてて、
首席打楽器奏者の中山航介さんのティンパニ演奏とともにその魅力にせまります。世界的なピアニスト清水和音さんを独奏に迎えたグリーグのピアノ協奏曲など、ティンパニが大活躍するオーケストラの名曲をたくさんお届けします!

チケットは、指定席1回券が売切れとなり、
自由席1回券のみとなっております。
チケットは京都コンサートホールほかで絶賛発売中ですので、
夏休みの締めくくりに、ぜひともご家族そろってご来場ください♪

また、本日8/25(木)および8/27(土)
いずれも午後6時15分~&午後7時~の2回公演で、
京都水族館にてハープとオーボエ(8/25)、ハープとフルート(8/27)による
ふらっとコンサートを開催いたしますので(水族館への入場料が必要です)、
そちらへのご来場もお待ち申し上げております☆
2016/08/19カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
真夏の大熱演!沼尻竜典指揮「第604回定期演奏会」
今日の京響は、「第604回定期演奏会」の本番でした。

リューベック歌劇場音楽総監督とびわ湖ホール芸術監督を務める
沼尻竜典さんの指揮のもと、
若き期待のピアニスト石井楓子さんを独奏に迎えて、
沼尻さんの作曲の恩師でいらっしゃった故・三善晃さんのピアノ協奏曲と、
ショスタコーヴィチの大曲、交響曲第4番を
じっくりとお楽しみいただきました☆

チケットは、当日券が売切れて、見事に完売御礼~~!!
猛暑にもかかわらずご来場くださいましたたくさんの皆さま、
どうもありがとうございました!

こちらは開演前の「プレトーク」から。
指揮の沼尻竜典さんとともに、ピアニストの石井楓子さんも登場し、
(石井さん、京響Tシャツを着てくださっています〜♪)
本日のプログラムについて、興味深いお話をたくさん聴かせてくださいました☆
20160819-kso_604_concert_015.jpg

そして本番スタート!
まずは三善晃さんのピアノ協奏曲から。
約15分の短い作品ですが、
息をつく暇もないほど濃密な内容で、
前衛的な不協和音や激しいリズムとともに、
三善晃さんらしい透明感美しい響きを楽しめる魅力的な名曲です♪
20160819-kso_604_concert_002.jpg

2013年日本音楽コンクール第1位、現在ヨーロッパで研鑽を積む
若きピアニスト石井楓子さんが、この難曲を堂々たる演奏で
聴かせてくださいました!石井楓子さんにブラボー☆
20160819-kso_604_concert_003.jpg

後半は、ショスタコーヴィチの交響曲第4番!
ショスタコーヴィチの15ある交響曲の中で最も大きな編成!というだけあって、
ステージ上は108人の奏者であふれんばかり!!
20160819-kso_604_concert_004.jpg

マエストロ沼尻のエネルギッシュで明確なタクトのもと、
20160819-kso_604_concert_008.jpg

京響メンバーの大熱演による渾身のショスタコーヴィチ!!
20160819-kso_604_concert_007.jpg

全楽器が一斉に奏でる巨大で炸裂する強音から
消え入るような弱音まで、幅広いダイナミクスにより、
ショスタコーヴィチ初期の集大成ともいえるこの交響曲の魅力を
思う存分に味わっていただきました~!!
20160819-kso_604_concert_005.jpg

マエストロ沼尻にブラボー☆☆☆
20160819-kso_604_concert_006.jpg

最後に、演奏後の沼尻竜典さんと石井楓子さん、
20160819-kso_604_concert_009.jpg

そして、終演後の沼尻竜典さんと客演コンサートマスター石田泰尚さんです。
(ショスタコーヴィチでのオーラたっぷりの石田さんのソロ、
本当に素晴らしかったです☆)
感動のステージをどうもありがとうございました☆☆☆
20160819-kso_604_concert_010.jpg

次回の京響自主演奏会は、
8/25開催の「京都 発見!クラシックVol.4」です。
平日お昼にトークとオーケストラ演奏をお楽しみいただく2部構成のコンサートで、
今回は指揮に常任首席客演指揮者・高関健さん、
ゲストには、役者としてのみならず、画家としても才能を発揮して
多くの人々を魅了する片岡鶴太郎さんをお迎えして、
前半には「見える音楽 聞こえる絵」をテーマに
高関健さんと片岡鶴太郎さんのトーク、
後半には、デュカスの「魔法使いの弟子」と
ムソルグスキー「展覧会の絵」という名曲をお聴きいただきます。
チケットは、京都コンサートホールほか各種プレイガイドで絶賛発売中!

厳しい残暑が続きますが、涼しいコンサートホールで名曲をゆったり聴いて、
暑さをしばし忘れてホッと一息、リラックスしてみませんか?
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/08/18カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日は沼尻竜典指揮「第604回定期演奏会」!
今日の京響は、明日8/19(金)に開催する
「第604回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は、現在ドイツのリューベック歌劇場音楽総監督や
びわ湖ホール芸術監督などを務めて
国内外で大活躍をされている沼尻竜典さん!
毎年3月にびわ湖ホールプロデュースオペラで
京響を指揮してくださっているので、息もぴったりです☆

京響の定期演奏会へは5年振りの登場となる今回の定期のために
沼尻さんが選んでくださったプログラムは、
今年創立60周年を祝う京響にふさわしく、
ショスタコーヴィチの交響曲の中で最も大がかりな交響曲第4番!
(なんと108名の奏者で演奏!)
さらに前半には、作曲家としても活躍される沼尻さんの作曲の師で、
2013年にこの世を去った三善晃さんのピアノ協奏曲を、
2013年日本音楽コンクール第1位に輝いてヨーロッパで研鑽を積む
若き期待のピアニスト石井楓子さんのソロでお聴きいただくという、
なんともゴージャスなプログラムです☆

こちらは今日のホール練習風景から。
(ステージ上がいっぱいであふれそう~!)
20160818-kso_604_rehearsal_01.jpg

猛暑を吹き飛ばすかのように炸裂する、
超パワフルなショスタコーヴィチ~~~!!
20160818-kso_604_rehearsal_02.jpg

三善晃さんのピアノ協奏曲では、前衛的な技法の中で、
ピアノが三善さん独特の透明感のある響きを奏でる、
ドラマティックな名曲です。
20160818-kso_604_rehearsal_03.jpg

豊かな音楽性にもとづいた石井さんのピアノの超絶技巧は必聴です!!
20160818-kso_604_rehearsal_04.jpg

「第604回定期演奏会」は明日8/19(金)
京都コンサートホールにて午後7時開演です。
開演前の午後6時40分ごろからは
沼尻竜典さんのプレトークも開催いたしますので、
併せてお楽しみください。

当日券は、B席のみで、残席わずか~!
当日券と学生券は午後6時から、
後半券は開演後から休憩終了まで発売となる予定ですが、
残席が無くなり次第、販売終了となりますので、
当日券をお求めの方は、どうぞお早目にお越しくださいませ☆
2016/07/31カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
マーラーを大熱演!ツィガーン指揮「第603回定期演奏会」!
昨日と今日の京響は、「第603回定期演奏会」の本番でした。

指揮は、欧米のみならず、日本やオーストラリアでも活躍する
若きマエストロ、ユージン・ツィガーンさん!
シューベルトの「未完成」交響曲とマーラーの交響曲第5番という名曲を
たっぷりと聴かせてくださいました☆

こちらは開演前のツィガーンさんによる「プレトーク」から(英語通訳は尾池博子さん)。
今回演奏する2作品について、アナリーゼをするかのようにとても詳しく
各楽章ごとにたっぷりとお話してくださいました☆
20160731-kso_603_concert_001.jpg

そして本番スタート。
まずは、シューベルトの名曲、交響曲第7(8)番「未完成」。
20160731-kso_603_concert_002.jpg

ツィガーンさんのしなやかで抒情豊かなタクトが
歌曲をたくさん作曲したシューベルトならではの
美しいメロディを紡ぎ出します☆
20160731-kso_603_concert_003.jpg

そして後半は、マーラーの大曲、交響曲第5番!
重々しいトランペットのソロにはじまり、熱い感情が沸きあがる第1楽章と
嵐のように激しい第2楽章、
20160731-kso_603_concert_004.jpg

オブリガート・ホルンが高らかに響き渡る第3楽章、
20160731-kso_603_concert_005.jpg

ハープと弦楽器のみで穏やかに、しかし、
ほとばしるような感情の高揚とともに歌われる
第4楽章の美しきアダージェット、
20160731-kso_603_concert_006.jpg

そして、輝かしいクライマックスを形作るフィナーレ!
20160731-kso_603_concert_007.jpg

この大曲をドラマティックに構築する
ツィガーンさんの端正でエネルギッシュな指揮のもと、
京響メンバーの大熱演により、
めくるめくようなマーラーの音絵巻が繰り広げられました~!!
ツィガーンさんにブラボー☆☆☆
20160731-kso_603_concert_008.jpg

最後に、終演後のユージン・ツィガーンさんと、客演コンサートマスター小森谷巧さん
及び京響コンサートマスター渡邊穣さんのすてきな笑顔です。
感動のステージをどうもありがとうございました☆
そして、猛暑の中、ご来場くださったたくさんの皆さま、本当にありがとうございました!
20160731-kso_603_concert_009.jpg

次回の京響自主公演8/19開催の「第604回定期演奏会」は、
沼尻竜典さんの指揮で、ショスタコーヴィチの交響曲の中で最も大がかりな
交響曲第4番と、2013年日本音楽コンクール優勝の石井楓子さんのピアノ独奏で、
沼尻さんの作曲の恩師、三善晃さんのピアノ協奏曲をお聴きいただきます。
チケットは、S席が売切、A席は残席わずかで、B席とP席はまだ余裕がございますので、
まだチケットをお持ちでない方は、どうぞお早目に♪
2016/07/29カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
今日の京響は、明日あさってに開催する
「第603回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮には、2013年の初登場以来、2度目の客演となる
若き俊英ユージン・ツィガーンさんをお迎えし、
シューベルトの交響曲第7(8)番「未完成」とマーラーの交響曲第5番という、
オーケストラの醍醐味をじっくりと味わえる名曲2作品をお贈りします♪

練習風景をレポートさせていただく前に・・・、ちょっとここで、
毎日暑さが続く京都にぴったりの京響オリジナルグッズ新製品、
「京響オリジナル扇子」のご紹介です♪
さわやかなブルーの模様をあしらった上品で涼しげなデザインと、
扇子を開くと真ん中に現れる「今日、京響?」という合言葉!
ズバリ、この扇子があればいつでもどこでも京響を応援できますよ~☆
京響ファンには欠かせないこの夏の逸品は、
1本1,500円(税込)で、明日からコンサート会場にて発売いたしますので、
皆さま、この機会にぜひともお買い求めくださいませ!!
20160729-kso_603_rehearsal_001.jpg

そして、こちらは今日のホール練習風景から。
20160729-kso_603_rehearsal_002.jpg

冒頭から首席トランペット奏者ハラルド・ナエスさんの見事なトランペットで始まる
マーラーの交響曲第5番は、とにかくドラマティック!
20160729-kso_603_rehearsal_003.jpg

第3楽章で大活躍する
首席ホルン奏者・垣本昌芳さんのオブリガート・ホルンも力強く聴き応え十分ですよ☆
    ↓
20160729-kso_603_rehearsal_004.jpg

そして、シューベルトの「未完成」交響曲。
20160729-kso_603_rehearsal_005.jpg

シューベルトならではの歌に満ちたメロディが美しく、
夏の暑さを忘れさせるようで、心がとても癒されます♪
20160729-kso_603_rehearsal_006.jpg

「第603回定期演奏会」は明日7/30(土)とあさって7/31(日)の2回公演で、
いずれも京都コンサートホールにて午後2時30分開演です。
両日とも、午後2時10分ごろからは
ユージン・ツィガーンさんのプレトーク(英語通訳付)も開催いたしますので、
併せてお楽しみください。

当日券は、両日ともS、A、B席がございます。
当日券と学生券は両日とも午後1時30分から、
後半券は開演後から休憩終了まで発売となる予定です。
この週末も猛暑となりそうですが、涼しい京都コンサートホールで
京響の「熱い!」ステージに感動してみませんか?
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2016/07/28カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
京響プレミアム「岸田繁×京響×広上淳一」友の会先行発売中!
今日の京響は、今週末7/30,31開催
「第603回定期演奏会」の練習です。
指揮は、2013年の初登場で大絶賛され、
今回待望の再登場を果たすユージン・ツィガーンさん!
シューベルトの「未完成」交響曲とマーラーの交響曲第5番という
オーケストラの魅力あふれるプログラムをじっくりお聴かせしますので、
今週末はぜひとも京響の定期演奏会へご来場くださいませ!
(チケットは、京都コンサートホールほかで発売中です!)

夏真っ盛りの京都なのですが、
すでに冬の公演の発売も始まっております。
12/4(日)午後4時開演(会場:ロームシアター京都)
「京響プレミアム」公演の京響友の会先行発売を
ただいま絶賛受付中~~!!!

多彩なジャンルのアーティストとのコラボレーションを
お楽しみいただく「京響プレミアム」ですが、
今年度はなんと、京都出身のロックバンドくるりの岸田繁さんが登場!
京響=広上との夢のような協演が実現することになりました~☆

しかも今回なんとなんと、岸田さんが京響のために書き下ろしてくださる
「交響曲第1番」を京響=広上で初演させていただくのです!!
これは名実ともに正真正銘の「プレミアム」なコンサートですので、
皆さまぜひともお聴き逃しなく☆

こちらは先日東京にて↓ 広上マエストロと岸田さんのツーショットです♪
20160728-kso_premium_2016.jpg
2016/07/13カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
弦楽アンサンブルで「京響ふらっとコンサート第2回」!
今日の京響は、中京区の京都文化博物館にて、
創立60周年を記念して開催している
「京響ふらっとコンサート第2回」の本番でした♪
20160714-kso_flat_2016_vol_2__01.jpg

20160714-kso_flat_2016_vol_2__03.jpg

こちらが京都文化博物館の建物。
20160714-kso_flat_2016_vol_2__02.jpg

この建物は、旧日本銀行京都支店であったということで
レトロな雰囲気たっぷりです。
20160714-kso_flat_2016_vol_2_04.jpg

今日の公演の会場となる別館ホールとエントランスの
間仕切りは、昔銀行であった名残か、
銀行のカウンターのようになっていて、
上にスライドさせて開く小窓がついているんですよ!
おもしろいですね!
20160714-kso_flat_2016_vol_2_05.jpg

今日の「ふらっとコンサート」には、
京響ヴァイオリン奏者の立石康子さん、森本京子さん、
京響ヴィオラ奏者の多井千洋さん、京響チェロ奏者の渡邉 正和さんが出演し、
モーツァルトの弦楽三重奏のためのディヴェルティメント第6楽章や、
ヴァイオリンとヴィオラの二重奏でハルヴォルセンのパッサカリアのほか、
弦楽四重奏により、ハイドンの弦楽四重奏曲第39番(32番)第1楽章、
ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」第1楽章など、
弦楽器の魅力たっぷりの作品をお届けしました。

最初の三重奏と二重奏では、作品の解説を
ヴァイオリンの立石さんがとても丁寧にしてくださいました☆
20160714-kso_flat_2016_vol_2__06.jpg

こちらはさわやかなモーツァルトの三重奏、
20160714-kso_flat_2016_vol_2__07.jpg

そして、情熱的なハルヴォルセンの二重奏!
20160714-kso_flat_2016_vol_2__08.jpg

弦楽四重奏の作品については、
チェロの渡邉さんが、ハイドンやドヴォルザークはもちろん、
ご自分で編曲されたショパンのノクターンやルパン三世などの
作品についても、とても詳しく&楽しく(!)お話してくださり、
20160714-kso_flat_2016_vol_2__09.jpg

いつもいっしょに演奏している京響メンバーならではの
息の合った究極の弦楽アンサンブルをお贈りして、
20160714-kso_flat_2016_vol_2__10.jpg

終演後には満席の客席から大きな拍手をいただきました〜!!
20160714-kso_flat_2016_vol_2__11.jpg

20160714-kso_flat_2016_vol_2__12.jpg

小雨と蒸し暑さにもかかわらずご来場くださいました
たくさんの皆さま、どうもありがとうございました!!
20160714-kso_flat_2016_vol_2__13.jpg

次回の「京響ふらっとコンサート第3回&第4回」は、
8/25(木)ハープ&オーボエ、8/27(土)ハープ&フルートのデュオにより、
いずれも午後6時15〜&午後7時〜の2回公演で
京都駅の西にある梅小路公演内の京都水族館・大水槽前にて開催しますので、
どうぞ夏休みの締めくくりにご家族そろってご来場くださいませ♪
(「ふらっとコンサート」への入場は無料ですが、
水族館への入場料が別途必要となりますので、ご了承ください)

また、今月末の7/30&31には、
若き俊英ユージン・ツィガーンさんを指揮に迎えて
「第603回定期演奏会」を開催し、
マーラーの交響曲第5番をメインにしたプログラムをお聴きいただきます。
チケットは、京都コンサートホールで絶賛発売中ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 30 | 31 | 32 || Next»