今日、京響?

2018/05/20カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
バーンスタインを大熱演!京響=広上の「第623回定期演奏会」
昨日と今日の京響は「第623回定期演奏会」の本番でした。
20180520-kso_623_concert_001.jpg

常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー広上淳一さんの指揮のもと、
バーンスタインの交響組曲「波止場」およびショスタコーヴィチの交響曲第9番、
そしてメインには河村尚子さんのピアノ独奏による交響曲第2番「不安の時代」を
じっくりとお聴きいただきました☆

こちらは開演前の広上淳一さんによる「プレトーク」です。
20180520-kso_623_concert_001-2.jpg

今回はピアニスト河村尚子さんもご登場くださり、
京響チーフマネージャー柴田智靖さんのナビゲートで、
広上さんは師事されていた晩年のバーンスタインのことや
バーンスタインがすごくショスタコーヴィチ好きだったことなどについて、
また、河村さんはバーンスタイン作品の魅力と
今回初めて取り組まれた「不安の時代」という作品について
(ショスタコーヴィチやヒンデミット、プロコフィエフなどの影響がみられることや、
社会の汚い部分も表現した「きれいごとでは終わらない」曲だということなどなど)、
本当にたくさんの貴重なお話をうかがうことができました☆
20180520-kso_623_concert_002.jpg

そして本番スタート。
20180520-kso_623_concert_003.jpg

まず、バーンスタインの交響組曲「波止場」。
ニューヨークの港の波止場を舞台にしたアメリカ映画のための作品で、
バーンスタインらしさがぎっしり詰まった大迫力のサウンド!!
20180520-kso_623_concert_004.jpg

続いて、ショスタコーヴィチの交響曲第9番。
20180520-kso_623_concert_005.jpg

コンパクトに凝縮された5楽章から成るディヴェルティメントのような交響曲で、
20180520-kso_623_concert_006.jpg

ショスタコーヴィチならではの皮肉たっぷりの音楽を京響=広上が見事に聴かせます☆
20180520-kso_623_concert_007.jpg

休憩をはさんで、後半は、
いよいよバーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」!
20180520-kso_623_concert_008.jpg

第2次世界大戦中のニューヨークで暮らす
4人の孤独な若者が自らの境遇を語る様子を描いた、
1947年出版の英作家オーデンの詩に基づく2部構成6楽章から成る作品です。
マエストロ広上と河村尚子さんによる「不安の時代」は、ジャズ風のパフォーマンスや
バーンスタイン独特のリズムとファンタジーたっぷりのサウンドにあふれて、
まるでバーンスタインがステージに降りて来たかのような白熱の演奏!
20180520-kso_623_concert_009.jpg

マエストロ広上の情熱的なタクトと
河村尚子さんの集中力みなぎる超絶技巧のピアノ独奏に導かれて、
京響メンバーも大熱演!!
20180520-kso_623_concert_011.jpg

20180520-kso_623_concert_012.jpg

広上淳一さん&河村尚子さんと京響メンバーにブラボー☆☆☆
20180520-kso_623_concert_010.jpg

20180520-kso_623_concert_008-2.jpg


そしてこちらは、熱い演奏のあとの「レセプション」です♪
20180520-kso_623_concert_013.jpg

5/19公演の「レセプション」では
今月還暦を迎えられた広上淳一さんと、
同じく今月がお誕生日でいらっしゃる河村尚子さんをお祝いして、
お二人へ京響からサプライズのプレゼントにケーキが~~!!
20180520-kso_623_concert_20.jpg

♫Happy Birthday♫の歌とともに、ケーキのろうそくの火を吹き消すお二人~☆
20180520-kso_623_concert_014.jpg

おめでとうございます~~♪
20180520-kso_623_concert_015.jpg

せっかくですので、ケーキを前にした広上さん&河村さんを囲んで、
「レセプション」にご参加くださったお客さまもごいっしょに
記念の1枚を~~~!!はい、チーズ♪
20180520-kso_623_concert_22.jpg

バーンスタインの大熱演のあとの心あたたまるお誕生日セレモニーを、
コンサートをお聴きくださった皆さまと分かち合えて
マエストロ広上と河村尚子さんも大感激!!
20180520-kso_623_concert_016.jpg

また、5/20公演にはイギリスのリヴァプールから音楽好きの方々がご来場くださり、
「レセプション」にもご参加くださいました~☆
(広上さんがロイヤル・リヴァプール・フィルの首席客演指揮者を
 務めていらっしゃったときのファンの方もいらっしゃったようです!)
20180520-kso_623_concert_018.jpg

最後に、演奏後の広上淳一さんと河村尚子さんのすてきな笑顔です!
大きな感動のステージをどうもありがとうございました!!
そして、今回も2日間にわたりご来場くださったたくさんの皆さまに
心から感謝申し上げます!
20180520-kso_623_concert_019.jpg

次回の京響自主公演は、
5/31(木)ロームシアター京都メインホールで午前11時開演の
「京都 発見!クラシック」Vol.8です。
桂冠指揮者・大友直人さんの指揮のもと、
2004年日本音楽コンクール第1位、2007年サラサーテ国際コンクール入賞の
若き実力派ヴァイオリニスト松田理奈さんの独奏によるサラサーテのカルメン幻想曲と、
ベートーヴェンの「運命」をお聴きいただくほか、
前半には、俳優・映画監督の奥田瑛二さんと大友直人さんによる
すてきなトークもお楽しみいただきます。
(トークのテーマは「ドラマのある人生」!
波乱万丈な奥田瑛二さんが語る人生観、かなり気になりますね~!!)
チケットは絶賛発売中で、当日券は公演当日朝10時から、
ロームシアター京都メインホール入口にて発売予定です。
実はなんと、今回でこの「京都 発見!」のシリーズは最終回ですので(涙)、
ぜったいにお聴き逃しなく!!
梅雨入り前の新緑がさわやかな京都・岡崎のロームシアター京都へ
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2018/05/18カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日とあさっては広上淳一指揮「第623回定期演奏会」!
今日の京響は、明日5/19(土)とあさって5/20(日)開催
「第623回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザーの広上淳一さん!
今回の定期演奏会では、今年生誕100年を祝う
レナード・バーンスタイン(1918~1990)の傑作から
交響組曲「波止場」と交響曲第2番「不安の時代」、
さらに前半にはショスタコーヴィチの交響曲第9番もお聴かせするという、
超ぜいたく&盛りだくさんなプログラムをお届けいたします~~☆

こちらは今朝の広上さん♪(うしろ姿もステキです!)
今月めでたく還暦を迎えられて、ますます円熟のマエストロ☆☆☆
蒸し暑さに負けず、今日も元気に練習スタートです~♪
20180518-kso_623_rehearsal_001.jpg

ピアノと管弦楽のための交響曲第2番「不安の時代」で独奏を務めてくださるのは、
ドイツを拠点に国際的に活躍されている本格派ピアニスト河村尚子さん!
今回の「波止場」と「不安の時代」で偉大な音楽家バーンスタインの
作曲家としてのすばらしさをじっくりご堪能いただけることと思います~☆

こちらは今日の練習風景から。
20180518-kso_623_rehearsal_002.jpg

まずは、バーンスタインの「波止場」。
サクソフォンやパーカッションが大活躍して
これぞまさに、バーンスタイン!
20180518-kso_623_rehearsal_003.jpg

こちらはショスタコーヴィチの交響曲第9番。
20180518-kso_623_rehearsal_004.jpg

ショスタコーヴィチならではの軽妙洒脱さが際立つ名曲です☆
20180518-kso_623_rehearsal_005.jpg

そして、バーンスタインの交響曲第2番「不安の時代」!
20180518-kso_623_rehearsal_006.jpg

ピアノ独奏と管弦楽のための「交響曲」とありますが、
協奏曲のようにピアノ独奏がリードします。
ピアノはこのようにオケ中に配置されて↓ ふたをとって、
客席正面に向かって演奏するスタイルになります♪
20180518-kso_623_rehearsal_007.jpg

定期演奏会のライヴ録音CD第1弾でも共演して
京響=広上とは息もぴったりの河村尚子さんとの渾身の「不安の時代」!
どうぞ絶対にお聴き逃しなく!!!
20180518-kso_623_rehearsal_008.jpg

バーンスタインの生誕100年を祝う「第623回定期演奏会」は、
明日5/19(土)とあさって5/20(日)の2回公演で、
いずれも京都コンサートホールにて午後2時30分開演です。
両日とも、午後2時ごろからは広上淳一さんによる「プレトーク」、
(今年度から「プレトーク」開始時間を変更しておりますので、ご注意ください!)
終演後はホワイエにて「レセプション」も開催します。
当日券は、両日とも全席種(S、A、B、P席)残席がございます。
当日券と学生券は両日とも午後1時30分から、
後半券は開演後から休憩が終わるまで発売の予定ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2018/04/13カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
ダミアン・イオリオ、日本デビューの「第622回定期演奏会」!
今日の京響は、「第622回定期演奏会」の本番でした。

ダミアン・イオリオさんの指揮のもと、
レスピーギの大作「ローマ三部作」を
じっくりとお聴きいただきました☆

チケットは数枚残るだけのほぼ完売!!
幸先の良い2018年度シーズンのスタートです☆☆☆

こちらは開演前のイオリオさんによる「プレトーク」から
(英語通訳は小松みゆきさん)。
初めての日本の印象や、今日演奏する「ローマ三部作」について
たくさんお話をうかがうことができました☆
イオリオさんは子どものころローマに住んでいらっしゃったので、
この「ローマ三部作」で描かれている名所などをすべてよくご存知なのですね!
(半分イタリア人!というだけあって、イオリオさんはお話好きのようです♪)
20180413-kso_622_concert_001.jpg

そして本番スタート!音楽でローマの街と歴史を辿ります。
まずは、「ローマの噴水」から。
20180413-kso_622_concert_002.jpg

「夜明けのジュリアの谷の噴水」「朝のトリトンの噴水」
「昼のトレヴィの噴水」「たそがれのメディチ荘の噴水」
夜明けから黄昏まで、ローマにある4つの噴水を巡ります。
20180413-kso_622_concert_003.jpg

水しぶきが目に映るように鮮やかな音の描写!
20180413-kso_622_concert_004.jpg

続いて、「ローマの松」。
この三部作の中で一番有名で演奏の機会も多い作品です。
20180413-kso_622_concert_005.jpg

古くからローマで歴史の移り変わりをじっと見守り続けている
「ボルゲーゼ荘の松」「カタコンブ付近の松」
「ジャニコロの松」「アッピア街道の松」という
4か所にある松の木を通じてローマの歴史が綴られます。
20180413-kso_622_concert_006.jpg

20180413-kso_622_concert_007.jpg

「ジャニコロの松」では、月明かりの中でナイチンゲールの鳴き声がきこえ、
「アッピア街道の松」では、古代ローマ軍の凱旋を表現する
金管楽器のバンダも大活躍して
壮大でダイナミックな音絵巻が繰り拡げられました~!
20180413-kso_622_concert_008.jpg

休憩をはさんで、三部作の締めくくりは「ローマの祭」。
「チルチェンセス」「五十年祭」「十月祭」「主顕祭」
という、ローマの4つの祭が描かれます。
20180413-kso_622_concert_009.jpg

京響=広上のライブ録音CDにも入っているのでお馴染みですが、
イオリオさんの「祭」は、イタリアらしい歌と熱気にあふれた「祭」です♪
20180413-kso_622_concert_012.jpg

「チルチェンセス」での金管楽器のバンダや、
20180413-kso_622_concert_010.jpg

「十月祭」でのマンドリンと
コンサートマスター泉原隆志さんのソロによる甘いセレナードなど
レスピーギの音楽の聴きどころがぎっしり♪
20180413-kso_622_concert_011.jpg

マエストロ・イオリオさんの情熱的なタクトのもと、
陽気なお祭り騒ぎの熱狂で、「ローマ三部作」はクライマックスに!!
20180413-kso_622_concert_013.jpg

20180413-kso_622_concert_014.jpg

鮮烈で華麗な日本デビューを見事に飾った
ダミアン・イオリオさんと京響メンバーにブラボー☆☆☆
20180413-kso_622_concert_015.jpg

今日は2018年度のオープニングとなる定期演奏会ということで、
特別にアンコールとして、同じくイタリアの作曲家ポンキエッリの
歌劇「ジョコンダ」から「時の踊り」をお聴きいただきました~♪
20180413-kso_622_concert_016.jpg

最後に、終演後のダミアン・イオリオさんと京響コンサートマスター泉原隆志さんの
すてきな笑顔です。感動あふれるコンサートをどうもありがとうございました!!
そして、ご来場くださったたくさんの皆さまに心から感謝申し上げます!
20180413-kso_622_concert_017.jpg

次回の京響定期演奏会は、
5/19&20開催「第623回定期演奏会」です。
広上淳一さんの指揮のもと、生誕100年バーンスタインを祝って
交響組曲「波止場」と、ピアニスト河村尚子さんをソロに迎えた
ピアノと管弦楽のための交響曲第2番「不安の時代」に加え、
ショスタコーヴィチの交響曲第9番もお贈りします。
チケットは、京都コンサートホールほか、各種プレイガイドで絶賛発売中ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております!
2018/04/12カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日はダミアン・イオリオ指揮で「第622回定期演奏会」!
今日の京響は、明日4/13(金)開催
「第622回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮には、現在ミルトン・キーンズ・シティ・オーケストラの音楽監督として
ヨーロッパやアメリカで活躍中の俊英指揮者ダミアン・イオリオさんが登場!
イオリオさん、今回がなんと日本デビューとなります~☆

お聴きいただくプログラムは、
イタリアの血も受け継いでいらっしゃるイオリオさんにぴったりの、
イタリアの作曲家レスピーギの最高傑作「ローマ三部作」!
ローマをこよなく愛したレスピーギが、「噴水」「松」「祭」という
ローマの名所と情景を音楽で描いた大作で、
リムスキー=コルサコフに管弦楽法を学んだ
レスピーギらしい艶やかで色彩豊かなオーケストレーションと、
バンダやオルガン含む大編成のオーケストラによる
ダイナミックなサウンドをたっぷりとご堪能いただきます!

こちらは今日のホール練習風景から。
「ローマの噴水」では、夜明けから黄昏まで
ローマにある4つの噴水が音楽で描かれます。
20180412-kso_622_rehearsal_001.jpg

「ローマの松」では、「ジャニコロの松」できこえるナイチンゲールの鳴き声や、
「アッピア街道の松」での金管楽器のバンダにご注目を!
20180412-kso_622_rehearsal_004.jpg

そして「ローマの祭」でも、下手サイド上で演奏する金管楽器のバンダが大活躍!
「十月祭」でのマンドリンやコンサートマスター泉原隆志さんのソロもステキです☆
20180412-kso_622_rehearsal_002.jpg

京響自慢の管楽器&打楽器セクションも絶好調で大炸裂!
20180412-kso_622_rehearsal_006.jpg

ホールを揺るがすかのように大音量で輝かしく鳴り響くオーケストラの響きは
とにかく迫力満点です!
20180412-kso_622_rehearsal_008.jpg

一夜でまとめて全部、聴けそうでなかなか聴けない「ローマ三部作」!
京響の「今」が凝縮されたものすごい名演奏となる予感ですので、
聴かないと絶対に後悔しますよ~~!!!

ダミアン・イオリオさんの指揮で「ローマ三部作」をお届けする
「第622回定期演奏会」は、明日4/13(金)
京都コンサートホールにて午後7時開演です。
(「噴水」→「松」→休憩→「祭」という演奏順です♪)
開演前の午後6時30分ごろからは
イオリオさんによる「プレトーク」(英語通訳付)も
開催いたしますので、ぜひとも併せてお楽しみください。
(「プレトーク」開始時間が今回から変更となりますのでご注意を!)

チケットは、S 席とB 席に残席がございまして、
当日券と学生券は午後6時から発売となる予定ですが、
いずれも残席わずかです!!
完売次第で販売は終了となりますので、どうぞお早目に!!
(当日券が完売となった場合、後半券は発売されませんので、ご了承ください!)
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2018/04/08カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
春を彩る高関健指揮「スプリング・コンサート」!
今日の京響は、毎春恒例「スプリング・コンサート」の本番でした。
「学生の街・京都」「文化の街・京都」にふさわしく、
学生や市民の皆様にお手頃な料金で
気軽にクラシック音楽をお楽しみいただこうと
2009年4月にスタートして以来、
今や京都の春といえば京響の「スプリング・コンサート」!
と言われるほど、すっかり定着してきたこのコンサート~♪

今年の「スプリング・コンサート」は、
常任首席客演指揮者・高関健さんの指揮で、
「オーケストラが描く物語」をテーマに、
バーンスタインの「キャンディード」序曲、サン=サーンスの「死の舞踏」、
デュカスの「魔法使いの弟子」、ベルリオーズの幻想交響曲という、
オペラのストーリーを描いた序曲や
物語を描写した交響詩などの標題音楽の名曲を集めて
たっぷりとお聴きいただきました~♪
20180408-kso_spring_2018_001.jpg

こちらは本番から。
20180408-kso_spring_2018_002.jpg

まずは、今年、生誕100年のバーンスタインの名作
「キャンディード」から、心がウキウキするような序曲を。
20180408-kso_spring_2018_003.jpg

今日は演奏だけでなく、曲間では演奏する曲について
マエストロ高関のとても詳しくてわかりやすい解説もあり、
コンサートの魅力がさらにアップ~☆☆☆
20180408-kso_spring_2018_004.jpg

続くサン=サーンスの「死の舞踏」は、
墓場から骸骨が出てきて踊るという、ちょっぴり怖い物語。。。
ハープによる真夜中の時計の音や、
シロフォンが奏でる骸骨の骨がカチカチ鳴る音、
オーボエによる朝を告げる雄鶏の鳴き声など、
とっても想像力をかきたてられる音楽です。
20180408-kso_spring_2018_005.jpg

この曲では、客演コンサートマスター三上亮さんが
調弦を変えた“悪魔のヴァイオリン”で見事なソロを披露!
骸骨が踊りながら弾く不気味なヴァイオリンを演じてくださいました。
20180408-kso_spring_2018_006.jpg

三上亮さんにブラボー☆☆☆
20180408-kso_spring_2018_007.jpg

そして、デュカスの「魔法使いの弟子」。
20180408-kso_spring_2018_008.jpg

魔法使いの弟子が、ほうきに魔法をかけて水くみをさせ、
でも魔法の止め方がわからず大洪水になってしまう~!という物語が
見事に音楽で表現されていました!
20180408-kso_spring_2018_009.jpg

休憩をはさんで後半は、ベルリオーズの幻想交響曲を。
まず演奏の前に、この作品がいかにすごいか!ということを
高関さんがスコアを取り出して解説~!(さすが、高関教授!)
ベートーヴェンの死からわずか3年後に作曲されたこの「幻想交響曲」。
当時ベルリオーズはベートーヴェンの交響曲連続演奏会を聴いて
ベートーヴェンから大きな影響を受けたので、
この幻想交響曲の中にはところどころに
ベートーヴェンの交響曲を思わせる部分があるということですよ。なるほど~!
20180408-kso_spring_2018_010.jpg

また、この作品の第5楽章において舞台袖で鐘(カリヨン)が鳴らされるのですが、
今日は特別に、そのカリヨンをお客さまにもご覧いただきました~!
(このカリヨンは群馬交響楽団さまからお借りしたものです!)
20180408-kso_spring_2018_011.jpg

今日は舞台下手袖でこんな感じで↓演奏されました!
20180408-kso_spring_2018_012.jpg

20180408-kso_spring_2018_12-bis.jpg

そしてベルリオーズの大曲、幻想交響曲を!
20180408-kso_spring_2018_013.jpg

一人の女性に恋をして破れた若い芸術家が見た幻想的な夢の物語が
マエストロ高関のタクトのもと、京響メンバーによる色彩あふれる響きで
ドラマティック&ダイナミックに描かれます!
20180408-kso_spring_2018_014.jpg

20180408-kso_spring_2018_016.jpg

20180408-kso_spring_2018_017.jpg

マエストロ高関&京響メンバーにブラボー☆☆☆
20180408-kso_spring_2018_018.jpg

今年は桜の開花が早くて、うっかりお花見タイミングを逃してしまった方も、
今日の「スプリング・コンサート」で春を存分に満喫してくださったことでしょう☆
終演後には、会場のお客さまから、
「高関さんのお話興味深かったです。特にカリヨンを見ることができて良かったです」
(京都市内在住/50歳代)
「はじめに指揮者の方が内容の説明をしてくださったので、
情景を思いうかべながら聴くことができ、おもしろかったです」(宇治市在住/30歳代)
「京都に住んでいて良かった」(京都市内在住/50歳代男性)
「初めての京響でしたが、とても良かったです。チケット代も安くて
学生の娘にはうれしいことでした。また来ます。」(北海道在住/50歳代)
「ベルリオーズの4楽しょうのティンパニのひびきがすごかった。」
(京都市内在住/10歳代)
「テーマに沿い、解説もあったコンサートで、とてもおもしろかったです。
演奏も素晴らしかったです。お値段も手頃で、ぜひまた来たいと思いました。」
(京都市内在住/30歳代)
などなど、たくさんの温かいメッセージをいただきました♪
ご来場くださいましたたくさんの皆さま、どうもありがとうございました!
今日の「スプリング・コンサート」を機に、次回はぜひ定期演奏会へも
ご来場をお待ちしております!

最後に、終演後の高関健さんと客演コンサートマスター三上亮さんです♪
新年度のスタートにふさわしい豪華なコンサートをどうもありがとうございました☆☆☆
20180408-kso_spring_2018_019.jpg

次回の京響自主公演は、
4/13(金)午後7時開演の「第622回定期演奏会」です。
今回日本デビューを飾るダミアン・イオリオさんの指揮のもと、
レスピーギの最高傑作、交響詩「ローマの噴水」「ローマの松」「ローマの祭」という
「ローマ三部作」をお贈りします(休憩は、「ローマの松」のあとに入ります)。
チケットは、京都コンサートホールほか、各種プレイガイドにて発売中ですが、
P席は売切で、S席とA席も残席が少なめになってきておりますので、
まだチケットをお求めでない方は、どうぞお早目に!!
2018/03/27カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
京響=広上で「京都 発見!クラシック Vol.7」!
今日の京響は、ロームシアター京都メインホールにて
「京都 発見!クラシックVol.7」の本番でした。
20180327-kso_hakken_vol_7_01.jpg

20180327-kso_hakken_vol_7_002.jpg

常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー広上淳一さんの指揮のもと、
第Ⅰ部は、元オリンピック日本代表のプロフィギュアスケーター
鈴木明子さんと広上さんによるトークを、
また第Ⅱ部は、J.シュトラウス2世の喜歌劇「こうもり」序曲、
2016年「エリザベート王妃国際音楽コンクール」ファイナリストで
国際的に活躍されている若き期待のピアニスト岡田奏さんをソロにお迎えした
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、そして
J.シュトラウス2世のワルツ「美しく青きドナウ」という、
フィギュアスケートの演技でよく使用されているクラシックの名曲を集めて
お聴きいただきました~☆

今日の京都は20度を超える暖かさで、
会場となったロームシアター京都のある京都・岡崎では、
今日のコンサートを盛り上げるかのように、一気に桜が花開きました~☆
20180327-kso_hakken_vol_7_003.jpg

20180327-kso_hakken_vol_7_004.jpg

20180327-kso_hakken_vol_7_005.jpg

こちらは第Ⅰ部のトークから。
20180327-kso_hakken_vol_7_006.jpg

「表現するカタチ~フィギュアを彩る名曲たち~」と題して、
オリンピックやフィギュアスケートのお話など、
鈴木明子さんと広上淳一さんの魅力あふれるトークを
京響チーフマネージャー柴田智靖さんのナビゲートでお楽しみいただきました♪
20180327-kso_hakken_vol_7_007.jpg

そして第Ⅱ部は、鈴木明子さんがフィギュアで使用されたことのある
J.シュトラウス2世の「こうもり」序曲とともに、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、
そしてJ.シュトラウス2世のワルツ「美しく青きドナウ」をたっぷりとお聴きいただきました。

こちらは岡田奏さんの素晴らしいピアノ独奏によるドラマティックなラフマニノフ!
20180327-kso_hakken_vol_7_008.jpg

若きピアニスト岡田奏さんにブラボー☆☆☆
20180327-kso_hakken_vol_7_009.jpg

最後に、広上淳一さんと鈴木明子さん、岡田奏さんの笑顔です♪
すてきなステージをどうもありがとうございました!!
20180327-kso_hakken_vol_7_010.jpg

次回の「京都 発見!クラシックVol.8」は、
いよいよこのシリーズ最終回となります!
桂冠指揮者・大友直人さんの指揮のもと、
若き実力派ヴァイオリニスト松田理奈さんの独奏による
サラサーテのカルメン幻想曲と、ベートーヴェンの「運命」交響曲をお聴きいただくほか、
第Ⅰ部のトークゲストには映画監督・俳優として多彩に活躍する奥田瑛二さんが登場!!
チケットは、本日からロームシアター京都ほかプレイガイドで発売中ですので、
ぜひとも緑深まるさわやかな初夏の京都で、
自分流のクラシック音楽の楽しみ方を発見してください~☆

また、次回の京響自主公演は、
4/8(日)午後2時開演の「スプリング・コンサート」です。
常任首席客演指揮者・高関健さんの指揮により、
今年生誕100年のバーンスタイン「キャンディード」序曲や
ベルリオーズの「幻想交響曲」などとともに、
名曲の中に描かれている情景やストーリーを
オーケストラの豊かで色彩感にあふれる音色でご堪能いただきます。
チケットは絶賛発売中ですので、春を豪華に彩る「スプリング・コンサート」へ、
たくさんの皆様のご来場を心からお待ち申し上げております!
20180327-kso_hakken_vol_7_011.jpg
2018/03/25カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
大盛況!広上淳一指揮「オーケストラ・ディスカバリー2017」第4回
今日の京響は、「オーケストラ・ディスカバリー2017」第4回の本番でした。

今回のテーマは「音楽の魔法」で、
指揮は常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザーの広上淳一さん!
ガレッジセールのお二人をナビゲーターに、
J.ウィリアムズの「スター・ウォーズ」からメインタイトル、
ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」第1楽章、
2016年モントリオール国際コンクール優勝の若きヴァイオリニスト
辻彩奈さんを独奏にお迎えした
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調から第1楽章、
そして、ブラームスのハンガリー舞曲第5番と
チャイコフスキーの交響曲第5番から第4楽章をお聴きいただき、
音符と指揮者、演奏者の関係や、楽譜にかかれた記号や演奏法など、
音楽を豊かにしている魔法のエッセンスを、名曲と楽しいトークでご紹介しました~☆

こちらは開演前ロビーイベント。今回は「ミステリーコンサート」!!
だれが?どんな楽器で?なにを演奏?!ということで、
京響メンバーたちが、いつもとはちょっと変わったコンサート披露しました。

トップバッターは、副首席フルート奏者の中川佳子さん、
ホルン奏者の中川慎一さん、打楽器奏者の福山直子さんによる
「パクリコーダートリオ」の演奏で「ダースベイダーのテーマ」などを。
アンデス25Fという笛とウクレレ、ホルンによる癒し系ユニットです♪
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_001.jpg

続いて、「きつね坂Ⅱ」は、ヴァイオリン奏者の後藤良平さんとスタッフの森本芙紗慧さん
によるリコーダーのアンサンブルで、大河ドラマ「西郷どん」のテーマを!
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_002.jpg

そして最後に、広上淳一さんが鍵盤ハーモニカで登場して、
第2ヴァイオリン副首席奏者の杉江洋子さん、首席ヴィオラ奏者の小峰航一さん、
チェロ奏者の渡邉正和さんによる「出雲路カルテット」!
モンティの「チャルダッシュ」で大きく盛り上がりました~☆☆☆
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_003.jpg

20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_004.jpg

そして本番が「スター・ウォーズ」のテーマでゴージャスにスタート!
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_005.jpg

ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」では、
作曲家がどういう状況でこの作品を書いたのかなど、
作品の背景や作曲家について知ることが演奏に深みを与えるのだということを、
広上さんがガレッジセールのお二人とともにわかりやすく説明してくださり、
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_006.jpg

有名な冒頭だけでなく第1楽章全部をじっくりお聴きいただきました~♪
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_007.jpg

20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_008.jpg

そして、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲では、
辻彩奈さんが情熱的で音楽性豊かなすばらしいソロを聴かせてくださいました☆
辻彩奈さんにブラボー☆☆☆
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_009.jpg

20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_010.jpg

休憩をはさんで後半は、ブラームスのハンガリー舞曲。
楽譜どおりにそのまま、まるで棒読みのような演奏と、
テンポを揺らして感情をたっぷり込めた(=魔法のエッセンス入り!)演奏を
ガレッジセールのお二人にも聴きくらべていただき、
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_012.jpg

京響と広上さんの味わいによるハンガリー舞曲を。
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_013.jpg

最後は、チャイコフスキーの交響曲第5番から第4楽章。
この曲では、なんと広上さんが自前の小道具を使って、
指揮者によってどのように演奏が変わるのかを、
ロシア人の指揮者と日本人の指揮者を例にして、
とてもわかりやすく説明してくださいました~☆

まずは、ロシア人の指揮者(ヒロカミンスキー!笑)!
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_014.jpg

こちらは日本人指揮者!
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_015.jpg

そして、締めくくりは京響=広上による渾身のチャイコフスキー!!
null

20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_017.jpg

同じ曲でも、指揮者やオーケストラが変わると違う味わいの演奏になったり、
毎回どんな演奏になるのかワクワク楽しみなのも、ライブならでは☆
やっぱり生演奏はよいですね!!

こちらは演奏後の広上淳一さんと辻彩奈さん、ガレッジセールのお二人のすてきな笑顔です。
感動のコンサートをどうもありがとうございました☆☆☆
20180325-kso_orchedis_2017_vol_4_011.jpg

終演後のアンケートでも、
「みんなに人気な音楽は人の気もちをあかるくしてくれたりしてくれるので、
かなしかったりさみしいときにきくとげんきになれるから、
たくさんききたいとおもいました」(9歳女子)
「指きしゃの人のうごきがすごかった」(10歳男子)
「いろいろな曲と出会えて、とてもうれしかったので、
これからいっぱい音楽をききたいと思いました」(9歳女子)
「広上さんのカツラをつけてのパフォーマンスで
7才の息子はオーケストラにとても親近感がわいたようです!」(45歳女性)
などなど、あたたかいメッセージをたくさんいただきました☆
今回も京都コンサートホールへご来場くださった
たくさんの子どもの皆さん、どうもありがとうございました!

続く2018年度の「オーケストラ・ディスカバリー」は、
「Bravo!オーケストラ」を年間テーマにして
2018年7/1, 9/9, 12/23, 2019年3/24に開催します。
チケットは、4回シリーズ通し券が早々に完売御礼~♪
各回1回券は4/23(月)から発売予定です!

そして、次回の京響自主公演は、
3/27(火)ロームシアター京都メインホールで午前11時開演の
「京都 発見!クラシック」Vol.7です。
広上淳一さんの指揮のもと、2016年エリザベート王妃国際音楽コンクールの
ファイナリストで国際的に活躍する新鋭ピアニスト岡田奏さんの独奏による
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番などをお聴きいただくほか、
前半には、プロフィギュアスケーター鈴木明子さんと広上さんによる
すてきなトークもお楽しみいただきます。
チケットは発売中で、当日券は公演当日朝10時から、
ロームシアター京都メインホール入口にて発売予定です。
ぜひともお花見がてら、京都・岡崎のロームシアター京都へ
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2018/03/18カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
熱狂の「ボレロ」!ジェルメッティ指揮「第621回定期演奏会」
昨日と今日の京響は、「第621回定期演奏会」の本番でした。

イタリアの巨匠ジャンルイジ・ジェルメッティさんの指揮のもと、
ロッシーニの「ウィリアム・テル」序曲と
イタリアの名チェリスト、ルイジ・ピオヴァノさんの独奏による
ドヴォルザークのチェロ協奏曲、
そして、ラヴェルの管弦楽作品の傑作から
「道化師の朝の歌」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ボレロ」を
じっくりとお聴きいただきました☆

こちらは開演前のジェルメッティさんによる「プレトーク」から。
(イタリア語通訳:大前努さん)
今回演奏する作品について、今年没後150年のロッシーニからラヴェルまで、
聴きどころをたっぷりと語ってくださいました☆
20180318-kso_621_concert_001.jpg

そして本番スタート。
まずは「ウィリアム・テル」序曲。
20180318-kso_621_concert_002.jpg

まるでこれからオペラが始まるかのような期待感に満ちた、
これぞまさに、本場イタリアのロッシーニです!
20180318-kso_621_concert_003.jpg

そして、ドヴォルザークのチェロ協奏曲では、
ルイジ・ピオヴァノさんが郷愁に満ちたメロディを悠々と奏でて大熱演!!
20180318-kso_621_concert_004.jpg

コンサートマスター渡邊穣さんのソロもすてきでした☆
20180318-kso_621_concert_007.jpg

アンコールの子守唄は、演奏とともに歌もあり、びっくり!
深い音楽性にあふれたピオヴァノさんの名演奏にブラボー!!
20180318-kso_621_concert_006.jpg

そして休憩をはさんで後半は、ラヴェルの管弦楽作品の世界へ・・・♪
プレトークでジェルメッティさんがお話されたとおり、
今回はラヴェル3曲を3つの楽章でできた1つの作品ととらえて、
3曲続けて演奏させていただきました。
20180318-kso_621_concert_008.jpg

ジェルメッティさんの精緻なタクトのもと、
スペインの雰囲気の中で哀愁漂うファゴットのソロが魅力的な「道化師の朝の歌」、
20180318-kso_621_concert_009.jpg

ホルンのソロが美しい「亡き王女のためのパヴァーヌ」、
20180318-kso_621_concert_010.jpg

そして、「パヴァーヌ」の余韻に続いて始まり、
スネアドラム3台に支えられて盛り上がった熱狂の「ボレロ」!!
20180318-kso_621_concert_011.jpg

20180318-kso_621_concert_013.jpg

マエストロ・ジェルメッティと京響メンバーにブラボー☆☆☆
20180318-kso_621_concert_014.jpg

最後に、演奏後のジェルメッティさんとピオヴァノさんの笑顔です。
感動のコンサートをどうもありがとうございました!!
そして、今回も2日間にわたりご来場くださったたくさんの皆さまに
心から感謝申し上げます!
20180318-kso_621_concert_015.jpg

今回は、3/18公演の終演後のステージで、この3月末で京響を卒団される
コンサートマスター渡邊穣さんとヴァイオリン奏者の後藤良平さんに感謝の花束が!!
20180318-kso_621_concert_016.jpg

こちらはマエストロ・ジェルメッティと渡邊穣さん&後藤良平さんです。
長年にわたって京響サウンドをリードしてきてくださったお2人にブラボー☆☆☆
渡邊さん、後藤さん、長い間すばらしい演奏を聴かせてくださり、
本当にありがとうございました!!
20180318-kso_621_concert_017.jpg

そして次回の京響自主公演は、3/25(日)午後2時開演の
「オーケストラ・ディスカバリー2017」第4回です。「音楽の魔法」をテーマに、
常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー広上淳一さんの指揮のもと、
ガレッジセールのお二人をナビゲーターに、
2016年モントリオール国際コンクール優勝の若きヴァイオリニスト
辻彩奈さんのソロでメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調から第1楽章を
お聴きいただくほか、ブラームスのハンガリー舞曲第5番や
チャイコフスキーの交響曲第5番第4楽章ほかで
音符と指揮者、演奏者の関係や、楽譜にかかれた記号や演奏法など、
音楽をゆたかにしている魔法のエッセンスを、名曲と楽しいトークでご紹介します。
チケットは、指定席は売切となりましたが、
自由席はまだ京都コンサートホールにて発売中です。

また、3/27(火)ロームシアター京都メインホールで午前11時開演の
「京都 発見!クラシック」Vol.7では、
広上淳一さんの指揮のもと、2016年エリザベート王妃国際音楽コンクールの
ファイナリストで国際的に活躍する新鋭ピアニスト岡田奏さんを独奏に迎えて
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番などをお聴きいただくほか、
前半には、「表現するカタチ~フィギュアを彩る名曲たち~」をテーマに、
元オリンピック日本代表のプロフィギュアスケーター鈴木明子さんと広上さんによる
すてきなトークもお楽しみいただきます。
(ピョンチャンオリンピックのお話もきけるかも?!)
チケットは発売中で、当日券は公演当日朝10時から、
ロームシアター京都メインホール入口にて発売予定です。
お花見日和となりそうな来週は、京都で京響の演奏を聴いてみませんか?
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2018/03/16カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
明日とあさってはジェルメッティ指揮「第621回定期演奏会」!
今日の京響は、明日3/17(土)とあさって3/18(日)開催
「第621回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は、モンテカルロ・フィルやローマ歌劇場のシェフを務めた
イタリアの巨匠ジャンルイジ・ジェルメッティさん!
プログラム前半は「ロッシーニ指揮者」と称えられるジェルメッティさんが
その見事な腕前を披露する「ウィリアム・テル」序曲と、
ローマ・サンタ・チェチーリア管の首席チェロ奏者ルイジ・ピオヴァノさんを
独奏にお迎えしたドヴォルザークのチェロ協奏曲を。
そして後半には、録音もたくさん手掛けていらっしゃる
ジェルメッティさんお得意のラヴェルの管弦楽作品から、
「道化師の朝の歌」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ボレロ」という
3つの傑作をお聴きいただきます☆

こちらは今日のホール練習風景から。
20180316-kso_621_rehearsal_001.jpg

ピオヴァノさんの雄大なソロで聴くドヴォルザークのチェロ協奏曲は
まさに王道の名曲!乞うご期待!!
20180316-kso_621_rehearsal_002.jpg

こちらは、「スイス軍の行進」で有名なロッシーニの「ウィリアム・テル」序曲から。
20180316-kso_621_rehearsal_004.jpg

そして、ラヴェルの「道化師の朝の歌」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ボレロ」。
(コンサート本番では、ラヴェルの3曲を続けて演奏いたしますので、
 曲間で拍手をされないよう、お願いいたします!!)
20180316-kso_621_rehearsal_005.jpg

「ボレロ」は、今回スネアドラム3台での演奏!
いつものように、指揮者の前の中央にスネアドラム1台、
                   ↓
20180316-kso_621_rehearsal_006.jpg

それに加えて今回は、ステージの下手と上手の奥にも1台ずつ、
合計3台のスネアドラムがトライアングルの形に配置されて、
最後のクライマックスではこれら3台のスネアドラムが大活躍します!
  ↓                                        ↓
20180316-kso_621_rehearsal_007.jpg

今までにないジェルメッティさんの「ボレロ」、
とにかく今回聴き逃すと一生後悔しますよ~~!!

「第621回定期演奏会」は
明日3/17(土)とあさって3/18(日)の2回公演で、
いずれも京都コンサートホールにて午後2時30分開演です。
両日とも、午後2時10分ごろからは
指揮者ジャンルイジ・ジェルメッティさんの
プレトーク(イタリア語通訳付)も開催します。
チケットは、両日ともS、A、B 席で残席がございまして、
当日券と学生券は両日とも午後1時30分から、
後半券は開演後から休憩が終わるまで発売の予定です。
桜の開花が待ち遠しくてワクワクする週末、
京響の熱演を聴いて、希望にあふれる春を感じてみませんか?
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております♪
2018/03/03カテゴリー: ニュース  投稿者: kso
「オーケストラ・ディスカバリー2018」チケット発売スタート!
いよいよ本日から、2018年度「オーケストラ・ディスカバリー」チケットの
4回シリーズ通し券が発売スタートとなりました~!!
[3/3~3/10=こども先行予約(こどもを含む予約のみ)/3/11~4/22一般予約]

2018年度は「Bravo!オーケストラ」を年間テーマにして
2018.7/1, 9/9, 12/23, 2019.3/24に開催します。
4回シリーズ通し券は、なんと1,000円もお得です~~☆☆☆

こちらが2018年度のチラシです↓(今回のカラーはラズベリーピンクです☆)
バレエからオペラ・アリアまで、2018年度も超ゴージャスなプログラムを
こどもの皆さんにお届けしますよ~♪
20180303-orchedis2018_flyer_001.jpg

中面も読み応えたっぷりですので、お手にとってご覧くださいませ☆
(気になるマエストロたちの初恋は・・・?!)
20180303-orchedis2018_flyer_002.jpg

毎年大人気で売れゆき絶好調ですので、
よいお席はぜひとも、お・は・や・め・に!!
(演出の都合上、公演によって販売しないお席もございますのでご了承ください!)
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 39 | 40 | 41 || Next»