コンサートスケジュールイベント詳細

第604回定期演奏会
(残席わずか!) 京都コンサートホール

日時 2016年8月19日(金)
開演時間 7:00pm
会場 京都コンサートホール・大ホール
出演者 沼尻 竜典(指揮)
石井 楓子(ピアノ)
曲目等 ♪開演前6:40pm~プレトーク
三善晃:ピアノ協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第4番ハ短調op.43
チケット 2016 5/21から発売
S:売切
A:売切
B:¥3,500(残席わずか!)
P:売切
お問合せ先 プレイガイド
チケットぴあPコード:280-079
ローソンチケットLコード:53117
備考 ♪当日残席がある場合のみ発売:学生券&後半券
 (S:売切  A:売切 B:¥1,000 )
※学生券は、開演1時間前から発売、
 後半券は、開演後から休憩終了まで発売

♪未就学のお子様のご入場はお断りいたします。
♪託児ルームあり(1歳以上未就学児/定員10名/有料:お子様1人につき¥1,000/公演1週間前までに京響075-711-3110へ要予約)

■助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

第604回定期演奏会

びわ湖オペラで毎年共演している沼尻竜典は、京響定期5年振りの登場。現代ものに定評のある氏が振るのは、ショスタコーヴィチの中でも最も大がかりな第4番。初演を目前に控えながら作曲者自らそれを中止。その後25年間封印されたいわく付の曲を紐解きます。ピアノ協奏曲は沼尻の恩師三善晃の代表作。この曲を熟知した沼尻と新星石井楓子との共演も楽しみです。

 

協賛:

 

  

  沼尻竜典 (c)RYOICHI ARATANI                                   石井楓子

 

♪公演チラシはこちら→

 

指揮 沼尻 竜典 Conductor : Ryusuke NUMAJIRI

 リューベック歌劇場音楽総監督、びわ湖ホール芸術監督、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア音楽監督。1990年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。ロンドン響、モントリオール響、ベルリン・ドイツ響、デュッセルドルフ響、フランス放送フィル、トゥールーズ・キャピトル管、パリ室内管、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ響、シドニー響等欧米各国のオーケストラを指揮。国内ではN響を指揮してのデビュー以来、これまで、新星日響正指揮者、東フィル正指揮者、名古屋フィル常任指揮者、日本フィル正指揮者、群馬響首席指揮者兼芸術アドバイザー、日本センチュリー響首席客演指揮者を歴任。1995年、自ら結成したトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズと共に、三鷹市芸術文化センターを拠点に活動を開始。「ベートーヴェン交響曲全集」の録音も高く評価されている。オペラ指揮者としては1997年《後宮からの誘拐》でデビュー以後、ツェムリンスキー《王女様の誕生日》、日生劇場ベルク《ルル》全3幕完成版等数々の演目を指揮、いずれも絶賛されている。海外では、ケルン歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパー、バーゼル歌劇場、シドニー歌劇場等へ客演。また、びわ湖ホール、リューベック歌劇場での数々のプロダクションを成功に導いている。2011年夏にはサイトウ・キネン・オーケストラへデビュー、バルトーク≪中国の不思議な役人≫で成功を収めた。2014年1月にはオペラ《竹取物語》を作曲・世界初演、今後も国内外で再演が予定されている。1991年第1回「出光音楽賞」、1999年第7回渡邉暁雄音楽基金音楽賞、2001年第51回芸術選奨文部科学大臣新人賞、2004年第3回齋藤秀雄メモリアル基金賞、2005年第46回毎日芸術賞、第23回中島健蔵音楽賞、2011年文化庁芸術祭優秀賞、第61回芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。

 

ピアノ 石井 楓子 Piano : Fuko ISHII

 1991年神奈川県生まれ。2013年 第 82 回 日本音楽コンクール第 1 位、併せて野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞を受賞。本選ではラフマニノフの協奏曲第3番を演奏し、女性では10年に1度の受賞となった。4歳よりピアノを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業。2002年 第56回全日本学生音楽コンクール第1位、2004年 第9回ドイツ・エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール第3位、2008年第6回東京音楽コンクール第2位、 2013年第1回桐朋コンチェルト・コンペティション第1位等を受賞。これまでにNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、国立ブラショフ交響楽団、ポーランド・クラクフ室内管弦楽団等 国内外のオーケストラと共演。2015年2月、三善晃先生追悼演奏会において沼尻竜典氏指揮・桐朋学園大学オーケストラと三善のピアノ協奏曲を演奏、NHK-FM「べスト・オブ・クラシック」にて放送され、好評を博す。これまでにラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭、N響「HOPE」コンサート、NHK-BS「クラシック倶楽部」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、日本テレビ「ニュース・ゼロ」、ドイツ・ライプツィヒ「Euro Music Festival」などに出演。また室内楽の演奏も積極的に行っており2015年は横坂源氏とのデュオ・リサイタルなどに出演。これまでに室内楽を三上桂子、藤原浜雄、堤剛、東京カルテットの各氏、ピアノを江崎光世、加藤伸佳、横山幸雄、村上弦一郎の各氏に師事。2015年より渡独。現在ドイツ・ケルン音楽大学にてピアノをClaudio Martinez-Mehner氏、室内楽を Anthony Spiri氏、リート伴奏を Urlich Eisenlohr氏に師事。2012年・2013年度明治安田生命文化財団、2016年度公益財団法人ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生。

前の画面にもどる