コンサートスケジュール

TOP > コンサートスケジュール > コンサートスケジュール詳細

コンサート名:第596回定期演奏会(チケット完売!)

  • 日時:2015年11月21日(土)2:30pm 開演
  • 会場名:京都コンサートホール・大ホール
  • 出演者:ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)
  • 曲目等:♪開演前2:10pm~プレトーク
    ブラームス:交響曲第2番ニ長調op.73
    チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調op.64
    当日券および学生券&後半券の発売はありません。
     (S:売切 A:売切 B:売切 )

    ♪未就学のお子様のご入場はお断りいたします。
    ♪託児ルームあり(1歳以上未就学児/定員10名/有料:お子様1人につき¥1,000/公演1週間前までに京響075-711-3110へ要予約)

    ■助成:文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
  • チケット:2015 8/9から発売
  • チケットはすべて完売しました!
    S:売切
    A:売切
    B:売切
    P:売切
  • お問合せ先:プレイガイド
    チケットぴあPコード:248-308
    ローソンチケットLコード:58630

第596回定期演奏会

ピアニストとして数々の名声を手に入れ、確固たる地位を築き上げてきた後、その活動の重きを指揮に移して早30有余年。アシュケナージ氏が遂に京響に登場です。第1回キリル・コンドラシン指揮者コンクールにおいて、指揮者広上淳一を見出し、我らがマエストロとも縁の深い、この偉大な音楽家のブラームスとチャイコフスキー、二つのシンフォニーにどうぞご期待ください!

 

協賛:

 

 ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)

   (c)Keith Saunders

 

♪公演チラシはこちら→

 

指揮 ウラディーミル・アシュケナージ Conductor : Vladimir ASHKENAZY

 ウラディーミル・アシュケナージのようにピアニスト兼指揮者として世界中で活躍しているアーティストは世界的に数少ない。1955年のショパン国際ピアノ・コンクールで第2位に入賞し、翌年に行われたエリザベート王妃国際音楽コンクールにて入賞を獲得。それ以来、彼は並外れたキャリアを築き、最も傑出したピアニストの一人としてだけでなく、 20世紀がその創造的な生活活動の広大な範囲を網羅し、世界中の音楽愛好家にインスピレーションを提供し続けるアーティストである。ここ20年は音楽活動の大部分を指揮者として活動している。長期における信頼関係を築き上げたフィルハーモニア管弦楽団とは2000年より桂冠指揮者を務めており、ロンドンやイギリス各都市は勿論定期的に世界中でツアーを行っている。同管弦楽団と近年では、ヨーロッパ、南アメリカ、中国のツアーを行っている他、2002年には「スターリン時代におけるプロコフィエフとショスタコーヴィチ」、2003年には「ラフマニノフ再訪」と題した作曲家に焦点を当てたプロジェクトを行い、2010年には同様のプロジェクトをパリでも敢行し好評を博した。現在、EUユース・オーケストラの音楽監督も務め、若い音楽家との共演を通じて後進の育成にも力を注いで毎年ツアーを行っており、アイスランド交響楽団とNHK交響楽団の桂冠指揮者のポストを持っている。その他、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者とNHK交響楽団の音楽監督を歴任した。首席客演指揮者を務めたクリーヴランド管弦楽団、1988年から1996年まで首席指揮者、音楽監督を務めたベルリン・ドイツ交響楽団をはじめ、現在でも世界中の主要オーケストラと特別な信頼関係を築き上げ、定期的に演奏活動を行っている。2009年から2013年までシドニー交響楽団の首席指揮者&アーティスティック・アドバイザーを務めており、多数の世界ツアーや意義深いCDレコーディングの数々を世に送り出している。 2007年のラフマニノフの交響曲全集・管弦楽曲集の収録を皮切りに、2008年にはエルガーの交響曲全曲・管弦楽曲集、2009年にはプロコフィエフの交響曲全曲、管弦楽曲集、ピアノ協奏曲全集(ピアノ独奏・アレクサンダー・ガヴリリュク)、バレエ音楽「ロメオとジュリエット」全曲を収録、2010年から2011年にかけてマーラーの交響曲全曲を収録。これらのCDはリリースされ好評を博している。

 

このページの先頭に戻る

京都市交響楽団

〒606-0823 京都市左京区下鴨半木町1−26 京都コンサートホール内
TEL 075-711-3110 / FAX 075-711-2955